HOME > 院長BLOG > 2018年4月

院長BLOG

1

足のグーパー体操のすすめ

2018.4.17 カテゴリー|その他の治療について

 足のグーパー体操とは、下の写真のように足の指をグーパーと動かすだけの体操です。

ぐー.jpg

 

ぱー.jpg

 

 簡単な体操だと思うでしょうが、実際やってみてください。

 うまくできない人がけっこういると思いますよ。

 外反母趾の患者さんや、足首の骨折や捻挫の患者さんにこの足のグーパー体操をやるように指導しますが、ほとんどの人がうまくできません。

 足の指には下の写真のようにMP関節とPIP関節があります。

足の関節.jpg

 皆さん、PIP関節は曲げられますが、MP関節はほとんど曲げられません。

 PIP関節を曲げる筋肉はふくらはぎにもありますが、MP関節を曲げる関節は足の裏と足の甲の骨の間にしかありません。

 

pcj_0411_00005701_102000_small_22082012135153.png

 靴を履いて歩いているとこの足の裏や骨の間の筋肉を使わなくても歩けるので、筋肉が弱くなってしまいます。

 そのために、足の指を深く曲げてグーを握ることができなくなってしまうのです。

 

 この足の裏や骨の間の筋肉が弱くなると、足の形が変形してきて、外反母趾や足底筋膜炎などの足の病気の原因になります。

 また、足の格好が悪くなると膝や股関節や腰にも負担がかかるので、膝や股関節や腰の痛みの原因にもなります。

 毎晩お風呂の中で、足のグーパー体操を10回ずつやってください。

 足の変形を予防できるはずです。

 ポイントはMP関節をできる限り大きく動くように、ちからいっぱいグーを握って、ちからいっぱいパーを開くことです。

 

 足のグーパー体操は超おすすめです。老化や痛みの予防のために是非やってください。

 ちなみに当院でやっている加圧トレーニングでは、下半身の場合、トレーニングの一番最初にこの足のグーパー体操をやります。

 自分では続けられないという方は加圧トレーニングに通ってください。

当院でnanacoとSuicaとEdyとクレカが使えるようになりました。

2018.4.13 カテゴリー|その他

 受付のレジがいしこくなってきたので、新調しました。

 それと同時に、電子マネーとクレジットカードを使えるようにしました。

 電子マネーはnanacoとEdyとSuicaなどの交通系カードが使えます。

 基本料金とか手数料とか余計なコストがかかるけど、医療機関なのに電子マネーが使えるとか、かっこいいでしょ。

 せっかく入れたのだから使って欲しいです。

 小銭を出さなくてすむから早くて便利ですよ。

 ただし、加圧トレーニングの回数券はクレジットカードでは購入できません。

 法律でそういう風に決まっているそうです。

nanako.JPG

 

ゴルフは運動じゃないとか言われるといじやけるよ

2018.4.09 カテゴリー|その他

 けっこう前の話ですが、私の高校の同級生がFACE BOOKに、「血圧が上がり気味で運動再開。ゴルフ練習場で120球打ってきました。」と投稿したら、「それ運動じゃないから」とか「運動とはいわんがな!」とか「ちゃんと運動しなくちゃダメだよ!ジムに行ったら」とかリプ(返信)がついていていました。

 それを読んだ私はちょっといじやけて「ゴルフをやったこともないくせに、なにを言ってやがんだ。」とリプを返そうかとしましたが、あったこともない友達の友達にケンカを売っても仕方がないので我慢しました。

 

 「ゴルフは運動じゃない」とか言っている人はゴルフをしたことないよね。かくゆう私も自分がゴルフを始めるまで、そう思っていました。

 学校の体育の影響で、「運動=走ったり飛んだりすること」ってイメージがあって、走ったり飛んだりしないゴルフは運動じゃないと思っている人がたくさんいるようです。

 でも、実際にゴルフを始めたら、全然そんなことないよね。

 特に打ちっ放し(ゴルフ練習場)は、すごく運動になる。フルショットで120球も打ったら、汗だくだくで足下ふらふらするほど疲れるよ。

 中には練習のやり過ぎで肋骨の疲労骨折を起こす人もいるくらいだから、どっちかというと激しい運動です。

 ラウンドだって、勾配のあるコースを何キロも歩くんだからかなりの運動になります。

 

 走ったり飛んだりしなければ運動じゃないなら、カーリングは運動じゃないの?アーチェリーも運動じゃないの?野球の素振りやティーバッティングは運動じゃないの?そんなことないでしょ。

 松山英樹や畑岡奈紗ちゃんはアスリートじゃないの?そんなことないでしょ。

 

 私はゴルフを楽しいからやっているのであって、運動や健康のためにやっているわけじゃありませんが、「ゴルフは運動じゃない」なんて言われれるといじやけちゃうよね。

キズにイソジンシュガーとか使っちゃ絶対ダメだよ

2018.4.04 カテゴリー|湿潤療法

 60歳男性

 栗の木の剪定をしていて枝が落ちてきて、左手の甲を切りました。昔にケガしたときのもらった軟膏が家にあったのでそれを塗っていましたが、10日経っても良くなるどころかだんだんひどくなってきたので当院を受診しました。

 受診時のキズの写真です。

12290a.jpg

 キズの周りの皮膚が茶色く変色していて、キズの中には溶けたさとうのようなものが入っていました。

 軟膏はイソジンシュガー(ユーパスタ)だと思われます。

 イソジンシュガーは、消毒薬のイソジンと砂糖を混ぜた軟膏です。

 砂糖は水をたくさん吸収するので、イソジンによる消毒して砂糖でキズを乾燥されることが目的の軟膏です。

 湿潤療法とは真逆の考え方で作られている大昔からある軟膏のひとつです。

 

 消毒も乾燥も、傷の治療にとっては邪魔でしかないので、創はどんどん深くなってしまいました。

 イソジンシュガーをきれいに取り除くと、キズは皮膚潰瘍を形成していました。

12290b.jpg

 ヘモスタパッド、プラスモイストDC、ハイドロコロイドなどを使って湿潤療法を行いました。

 10日後にはきれいに治りました。

12290d.jpg

 キズにイソジンシュガーとか使っちゃ絶対ダメだよ。

1

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ