HOME > 院長BLOG > 児童生徒にマスクを強制することに反対します

院長BLOG

児童生徒にマスクを強制することに反対します

2020.6.05 カテゴリー|その他

茨城県では6月8日から、やっと通常通りの授業が再開される予定となりました。

新型コロナウイルスの感染予防のために、

・登下校時にマスクをすること

・体育以外の授業ではマスクをすること

・30分に1回は換気をすること

・学校の水道の水は飲まないこと

などが茨城県学校再開ガイドラインで決められています。

 

これ危険じゃね。

今日は気温29度だよ。

これからどんどん暑くなるんだよ。

マスクなんかつけていたら、めちゃめちゃ暑いよ。

30分に1回換気するということは、せっかく設置した冷房を使わないことでしょう。

水道水を飲めないってことは、小さいこどもにも重い水筒を持たせるって登校させるってことでしょう。

熱中症の危険度100%だよ!

 

ここ1ヶ月あまり茨城県では新型コロナウイルスの患者は1人も発生していません。

つまり子供たちが新型コロナウイルスに感染する確率はほぼ0%です。

もともと日本人を含む東アジア人は、感染リスクが欧米の100分の1くらいしかなく、かつ子供はさらに感染しにくく重症化しないことがわかっているのだから、子供に必要以上の感染予防対策を施すことは無意味です。

マスクもフェイスシールドも飛まつ防止シートもソーシャルディスタンスも必要ないよ。

おそとから帰ったら手を洗うだけ、それだけで十分。

 

素直で真面目な子供ほど、つらくてもマスクを外しません。

そして熱中症で倒れちゃう。最悪の事態もあり得ます。

子供にマスクを強制するのは、ある意味虐待です。

 

児童生徒にマスクを強制することに反対します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ