HOME > 院長BLOG > H市って馬鹿なの

院長BLOG

H市って馬鹿なの

2020.9.04 カテゴリー|その他

 H市にある市民プールで監視のボランティアをしている女の子がひどい日焼けをして受診しました。

 「何で日焼け止めを塗らなかったの?」と聞いたら、プールの水が汚れるから日焼け止めが禁止だそうです。

 「じゃあ、長袖の水着を着たらいいんじゃないの?」と聞いたら、指定の水着以外は着用禁止で、その上に長袖を羽織るのも「溺れる可能性がある」という理由で禁止だそうです。

 

 一つ一つ、ツッコミを入れていきたいと思います。

 まず、日焼け止めでプールの水が汚れるという科学的根拠はありません。

 日本化粧品工業連合会によると、日焼け止めは基本的には油性の商品で、水に接しても溶け出しにくいものだそうです。
 
 また皮膚科医らが平成19年に、秋田県の小学校で児童60人中半数の30人に日焼け止めを体全体に塗布して約2カ月、体育の授業でプールを利用した後、水質を調べたところ、日焼け止めによる汚染は認められなかったそうです。
 
 あと、長袖を着ると溺れるって、いつの時代の話をしているのよ。今はラッシュガードっていう泳げる上着も売っているのよ。
 
 そもそも、日焼けに対する認識が昭和です。ここ50年で真夏の最高気温は4度以上上がっているんですよ。ひどい日焼けはヤケドと一緒だよ。紫外線はシミやシワといった肌の老化の原因となるだけでなく、皮膚がんの発症率を高めるから、従業員の日焼け対策を禁止する行為は傷害罪に当たると思いますよ。
 要するにプールの管理者であるH市が、昭和頭の馬鹿だということです。
 
 このH市、コロナ対策として海水浴場を全面閉鎖しています。プールはOKで海水浴場はダメって、どういう理屈なのでしょう。全然意味がわかりません。馬鹿なの?
 さらに、海水浴場の駐車場に「東京ナンバーは駐車禁止」という東京差別丸出しの立て看板を出してました。東京の人は全員コロナなの、東京以外にはコロナの人は1人もいないの、馬鹿なの?
 
 H市と言えば、世界に冠たる日立製作所創業の地です。本社が東京に移転したときに科学的思考ができる人を全員連れだしてしまったのでしょうか?残念です。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ