HOME > 院長BLOG > 俺が菅総理だったらコロナ対策はこうやる

院長BLOG

俺が菅総理だったらコロナ対策はこうやる

2020.11.27 カテゴリー|その他

私がツイッターでフォローしているDr.【内科医】さんがツイートしたコロナ対策が、私的に完璧だと思ったので紹介します。

私が考えるコロナ対策
 
①現在の指定感染症から外して『インフルエンザ』同等の扱いにする
 
②手洗い・マスクは『していない人が攻撃されない』程度に推奨する
 
③感染者数をマスコミで発表しないよう報道規制をかける
 
④熱が出たら休みやすくなるような社会の雰囲気にする
 
 特に①のインフルエンザと同等の扱いにするが重要です。冬になって感染者数が増えてきて医療崩壊すると騒いでおります。たかだか14万人くらいしか感染していない新型コロナウイルスで医療崩壊が起きてしまのは、風邪に毛が生えたくらいのウイルスを指定感染症にして特別扱いしているからです。インフルエンザは毎年1,000万人以上感染しているのにこれまで医療崩壊は起きそうになったことさえありません。新型コロナウイルスを指定感染症から外すだけで、医療崩壊は防げます。
 
 ②について、手洗いやマスクでどのくらい感染拡大を防げるかはまだよくわかっていません。他に方法が思いつかないので推奨しているだけです。それなのに手洗いやマスクをしていない人を非国民扱いして攻撃するのはおかしいです。
 
 ③感染者数というかPCR陽性者数をマスコミで発表すること止めるべきです。そもそもPCR検査は感度が高すぎて疑陽性が多すぎる。そんな不正確なデータを出して国民を脅すのはやめてほしい。
 
 ④も大切ですね。今までは熱があっても仕事や学校に行くのが当たり前でした。私も若い頃に38度も熱があるのに仕事を休まずに手術までしたことがあります。それじゃインフルエンザが流行るのは当たり前です。熱があったら休みましょう。私もこれからは熱があったら休みます。そのときは臨時休診にするので文句を言わないでください。といってもここ15年くらい熱を出した覚えはありませんけどね。
 
 以上、私が菅総理だったらやりたいコロナ対策でした。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ