HOME > 院長BLOG > 実はずっとマスクしてません

院長BLOG

実はずっとマスクしてません

2021.4.05 カテゴリー|その他

 1月10日のブログで、大井川知事がうるさいからマスクをつけると宣言しましたが、実は2週間くらいで我慢の限界が来てマスクを外しました。

 緊急事態宣言が出たのでマスクをすることにしました

 http://www.nishibori-seikei.com/blog/2021/01/post-875.html

 つまり、1月末くらいからずっとマスクをしないでノーガードストロングスタイルを貫いています。

 私にはマスクごときが感染予防の役に立つとはどうしても思えないのです。

 何よりもうっとうしいし、話しづらい。

 もちろん患者さんがマスクをしてなくても何も言いません。

 むしろ表情がよく見えてありがたいです。

 

 コロナ騒ぎが始まって、1年以上経ちました。いろいろな統計結果から強力なロックダウンもマスクも感染予防としてほとんど効果がなかったことがわかってきています。

 強力な感染対策をしてもしなくても、感染者は自然と増えてピークに達すると自然と減って、その2~3ヶ月後にまた自然と増える周期を繰り返しています。

 これは日本だけでなく世界共通の現象です。

 もともとほとんどが無症状や軽症者のウイルス感染症を封じ込めることなんて不可能だったのです。

 感染症の専門家達もすでにそのことに気がついているはずですが、感染予防のためにと自粛を強制し経済をメタメタに破壊してしまった後から、あれは間違いでしたとは言えないんだと思います。

 勝ち目のない戦争を始めて、状況が圧倒的に不利になっても敗戦を認めなかった日本軍と同じです。

 

 患者数は周期的に増減するのですでに第4波は始まっています。でも暖かいので第3波ほどの患者数にはならず、感染対策を何もしなくても5月か6月頃にピークを迎えて自然と減少するでしょう。

 何をやっても無駄なのだから、新型コロナ感染のリスクを受け入れて、元通りの普通の生活にもどすべきです。

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ