HOME > 院長BLOG > 2021年10月

院長BLOG

1

コロナワクチン3回目、若者は慎重に検討してください。

2021.10.14 カテゴリー|新型コロナ

またTwitterでバズりました。

SC20211014-104007.jpg

笠間市医師会の理事会で、保健センターの職員から3回目のコロナワクチンの説明がありました。

先行接種した医療従事者は11月くらいから、高齢者は12月くらいから順次3回目を打つそうです。

コロナワクチンを2回打った人全員が3回目の接種対象だそうです。

私は3回目どこか、1回目も受けてないし、当院でコロナワクチンの個別接種に協力するつもりもないので、正直どうでもいい話でしたから下向いて「ウマ娘」というスマホのゲームをやっていました。

 

笠間市の場合は県立中央病院から3回目の接種が始まります。

県立中央病院には若い職員がたくさんいます。

SC20211014-155731.jpg

2回目の副作用がひどかった若い職員に3回目のワクチンを強制しないように切に願います。

 

モデルナのワクチンの副作用で心筋炎が多数発生して、30歳未満の男性への接種が事実上禁止なりました。

コロナのワクチンはmRNAワクチンといって、今まで使っていたワクチンと全く別物の新しいワクチンなんで、まだわかっていないことがたくさんあるんです。

3回目のワクチンでどんな副作用が出るかなんて誰もわからないのです。

それでも、重症化する可能性が高い高齢者や肥満者、喫煙者、糖尿病患者はメリットがリスクを上回るので受けたほうがよいと思いますが、ほとんど重症化しない若者にはメリットがなくリスクしかありません。

医療従事者だからといってそんなものを強制的に受けさせられるなんておかしいです。

これからワクチンを受ける予定の若者には、リスクを背負うのは自分自身であることをよく考えて、周りに流されることなく受けるかどうか慎重に検討して欲しいです。

 

ちびっ子から元気な声を奪わないで欲しい

2021.10.04 カテゴリー|新型コロナ

またツイッターでバズりました。

SC20211004-081258.jpg

この子は大人の言うことをちゃんと効くお利口さんなんだね。

「マスクをしてないときは小さい声で話しましょう。」って教わっているんだね。

小声で話すのは飛まつを飛ばさないためでしょう。

でもね、主な感染経路は空気感染とわかったのだから小さい声で話そうが大きい声で話そうが。マスクをしてようがしていまいが、呼吸をしている限りはウイルスをまき散らしていますよ。

そもそも子供はほとんど発症しないのだから、子供が周りの人に感染させる可能性はほとんど無いですよ。

「大切な人を守るため」という誰も逆らえないようなお題目を掲げて、意味の無い感染対策を強要して、子供から元気な声を奪うなんて、世の中どうかしてますよ。

これが新しい生活習慣なら、新しい生活習慣なんてくそ食らえです。

1

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ