HOME > 院長BLOG > ウォーターサーバーによるヤケドに注意

院長BLOG

ウォーターサーバーによるヤケドに注意

2015.4.24 カテゴリー|湿潤療法

 今日はこの記事から

ウォーターサーバー 安全対策強化求める

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150423/k10010058081000.html

 愛知県で去年4月、当時11か月の女の子がウォーターサーバーのお湯で大やけどをしていたことが分かり、女の子は1年たった今も手にやけどの跡が残っています。このケースでは製品に「チャイルドロック」の機能がついていましたが、当時2歳の姉と2人で触っている間に機能が解除されてしまったということです。


 実は、当院にもウォーターサーバーでヤケドした子供のついて下記のブログを読んだNHKの記者からの取材がありました。

手術が必要といわれたヤケドの赤ちゃん

http://www.nishibori-seikei.com/blog/2012/12/post-175.html

 当院のケースでは、早い時期に湿潤療法を行ったこともあり、後遺症が残らなかったので記事にはなりませんでした。しかし、ウォーターサーバーが危険なことに変わりはありません。

 当院も外来に、ウォーターサーバーを置いていますが、冷水のみで温水は出ないようにしてあります。一番の理由は、小さい子供がいたずらしてヤケドをしないためです。もう一つの理由は、当院は患者さんを待たせないように努力しているので、温水でお茶やコーヒーを入れても、それが冷めて飲めるようになる前に診察室に呼ばれてしまうからです。

 子供のヤケドは親の責任です。子供がヤケドをする前に、想像力を膨らませて、危険を回避するのも親の仕事です。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ