HOME > 院長BLOG > コロナ騒ぎで良かったことはMRが来なくなったことだね

院長BLOG

コロナ騒ぎで良かったことはMRが来なくなったことだね

2020.5.26 カテゴリー|その他

 結果的に日本人にとっては、インフルエンザウイルスよりずっと弱かった新型コロナウイルスですが、そんなコロナ騒ぎもようやく落ち着いてまいりました。

 マスコミに引きずられた政府の過剰反応で、学校が休みになったり、仕事がなくなったり、会社が潰れたり、大変な思いをした人がたくさんいると思います。

 私は通常通り仕事をしていたし、ゴルフも通常通りしていたので、直接的な影響はあまりありませんでした。

 不要不急の患者さんが来なくなって、収入が減って困っている病院やクリニックもたくさんあるそうですが、おかげさまで、当院は患者さんの数はほとんど減りませんでした。元々不要不急の患者さんがほとんどいなかったってことだと思います。

 大嫌いなマスクをしてないと白い目で見られることだけが苦痛なくらいです。

 

 コロナ騒ぎで良かったこともあります。

 出るのが面倒だったけど出なくちゃならない会議が中止になったことなどいろいろありますが、一番は製薬会社のMRの訪問がなくなったことです。

 患者さんと違って、MRと面会しても一円にもなりません。

 私の貴重な時間を使うことに見合うほどの有益な情報を得られることも滅多にありません。

 タバコ臭い人とか、逆にこっちに気を使わせるような人もいるので、会わないで済むならその方がいいです。

 そういえば以前に、MRと全く会わないお医者さんの噂を聞いて、「ずいぶん偏屈な先生もいるものだな。」と思っていましたが、こうしてMRと全く会わない日々か続くと、その気持ちがよくわかりました。

 MRと会わないで済むと言うだけで、とても快適です。

 

 そんなわけで、これを読んだMRの皆さんは、当院への訪問は必要最小限にしてください。

 ご理解とご協力よろしくお願いいたします。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ