HOME > 院長BLOG > 本当に新型コロナウイルスで亡くなった人って239人しかいないんじゃね

院長BLOG

本当に新型コロナウイルスで亡くなった人って239人しかいないんじゃね

2020.9.20 カテゴリー|その他

 昨日の夏井先生のウェブサイトにめちゃくちゃ鋭い指摘が掲載されていましたので、勝手に紹介しちゃいます。


 重症者と死者数の関係です。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13640.htmlによると、厚労省は真面目だから感染者と呼ばず陽性者ですね。
 ここでは、昨日までの累計死者数が1473人、そして昨日亡くなった方が12人と有ります。
 一方、https://crisis.ecmonet.jp/?fbclid=IwAR1zN_kchr0Kb_DtRMCw7itH1_VaB5oXuQwrARllpT8RfJEVs6zGk6OeDHsによりますと、ECMO治療での累計死者数が68名、人工呼吸器治療での累計死者数が171名で、合わせて239名です。
 マスコミの植え付けようとしていた新型コロナのイメージは、軽症で入院してもいきなりサイトカインストームを起こして重症化して人工呼吸器となり、それでもだめならECMOを使うような患者がワンサカと増えて来て、そうした重症患者でICUが溢れかえって阿鼻叫喚となり、医療崩壊の寸前まで行ったでしょうか。
 ECMOと人工呼吸器の重症者の中で、ここ二日は死んだ方が居ないのに、昨日の死者が12人という事は、重症じゃなくていきなり死んだ方ばかり?
 ECMOと人工呼吸器の重症の死者数が累計239人で、厚労省の累計死者数が1473人、残りの1200人以上の方は、重症にならずにどうやって亡くなったのでしょうか?
この記事のアドレス・・・http://www.wound-treatment.jp/new.htm#0919-4

 厚生労働省の指導で、本当の死因はなんであれPCR陽性者が死亡したら新型コロナウイルスの死亡者としてカウントすることになっています。老衰で亡くなっても、癌で亡くなっても、交通事故でなくなっても、PCR検査が陽性だったら新型コロナウイルスの死亡者としてカウントされます。なので死者数が1473人といってもその数は相当にかさ増しされた数だと思っていました。

 このご時世で、新型コロナウイルス性肺炎で死にそうな患者さんに人工呼吸器もつけない医者がいるとは思えません。

 ということは、本当に新型コロナウイルスで亡くなった人って239人しかいないじゃね。

 だとしたら全然怖い病気じゃないよね。だってお風呂で溺死する人の方が22.5倍も多いんだよ。

 新型コロナウイルスよりお風呂ほうがずっと危険だよ。お風呂に入るのもやめたほうがいいよ。

 まあでも、コロナ脳の人ってこういう具体的な数字を見せても、全然ピンとこないんだよね。たぶん分数の足し算もできないくらい算数が苦手なんだと思うよ。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ