HOME > 院長BLOG > ファイザー社のコロナワクチンの本当の予防効果は0.3%

院長BLOG

ファイザー社のコロナワクチンの本当の予防効果は0.3%

2020.11.16 カテゴリー|その他

 今朝の夏井先生のウェブサイトに面白い記事が載っていたのでご紹介いたします。


 名古屋市の徳先生の記事です。
 『数字のマジック』2020年11月10日のNHKニュース:
 ファイザー 新型コロナ ワクチン「90%超の予防効果」と発表。
 アメリカの製薬大手「ファイザー」は、開発中の新型コロナウイルスの臨床試験について、「90%を超える予防効果がある」とする結果を発表しました。この90%という数字に驚かれた読者も多かったことと思います。
 
 そこで原文を読んでみました。総被験者(43,538人)のうち94名のコロナ感染者を確認し, この94名の感染者を検討したところ、ワクチン接種で90%の予防効果があったと結論しています。
 この研究結果は、総被験者(43,538人)を21,769人ずつ2つのグループに分け、ワクチンを接種しなかったグループでは85名のコロナ感染者が確認されたのが、ワクチンを接種したグループでは感染者が9名に抑えられていたとの結果から89.4%(9/85x100=10.6%:100%-10.6%=89.4%)という予防効果が算出されているようです。
 
 一方で、非感染者数は、ワクチンを接種したグループでは21,760人(21,769-9=21,760)ワクチンを接種しなかったグループでは21,684人(21,769-85=21,684)です。すなわち、ワクチンを接種したグループでは99.9%(21,760/21,769=0.999)が、ワクチンを接種しなかったグループでは99.6%(21,684/21,769=0.996)がコロナに感染しなかったことになります。
 従って、ワクチンを接種したグループと接種しなかったグループとの差は0.3%(99.9-99.6=0.3)となり、ワクチンを接種すると、感染するリスクが0.3%減少するということになります。
 もっと簡単に言いますと、ワクチンを打っても打たなくて、感染しない確率は99.5%以上だということです。

 ワクチンを打っても、その恩恵が受けられるのは1000人中たったの3人ということです。

 ちなみにこの臨床試験は人口あたりの感染者が日本の100倍いるアメリカ合衆国で行われています。

 ということは、日本でワクチンの恩恵を受けられるのは単純計算で10万人に3人ということになります。

 この記事にはありませんが、ワクチンを受けた人の半分に風邪症状のような副作用が出るそうです。

 日本人全員1億2千万人にワクチンを打っても、恩恵が受けられるのはたったの3600人。

 副作用は6,000万人にでて、もしもそのうちの0.01%に死亡者が出た場合、ワクチンで亡くなる人は6000人です。

 そもそもこのワクチンは氷点下70度で保存しなければいけません。どうやって運搬保存するつもりなのでしょう。

 普通に考えて無理じゃね。

 

 こんな効果も薄く、実現性も低いワクチンに何千億円も予算を使うなら、少子化対策にもっと予算を使って欲しいです。

 コロナ騒ぎのせい妊娠を控える夫婦増えて今年の出生数は10万人くらい減る見込みです。

 コロナウイルスで亡くなったのは1,900人の高齢者です。

 たった1,900人の余命幾ばくもない高齢者を守るために、これから日本を支えてくれる赤ちゃんが10万人も減ったんですよ。

 まじでやばくないですか、このままじゃ本当に日本が潰れますよ。

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ