HOME > 院長BLOG > トリガーポイント注射

院長BLOG

1  2  3  4  5

寝違えの治療

2018.8.09 カテゴリー|トリガーポイント注射

 眠っていて目が覚めたときに、首の後ろや首から肩にかけての痛みが出ることがあり、いわゆる「寝違え」と言います。首を動かすと痛みが出る時もありますし、痛みで首を動かせない時もあります。

 首が動かなくなるので、首の筋肉を痛めたと思っている人が多いと思いますが、原因は首の筋肉ではありません。

 寝ているときの姿勢が悪くて、肩甲骨の周りに筋肉を痛めてしますことが原因です。

 特に棘下筋と肩甲挙筋が原因になることが多いです。

 寝違えてきた人の肩甲骨の真ん中あたりを押すと、飛び上がるほど痛がります。

 なので、圧痛部にトリガーポイント注射をするとすぐによくなります。

寝違え.jpg

足の裏のしびれの治療

2018.8.07 カテゴリー|トリガーポイント注射

 50代の女性

 2日前から急に両足の裏の痛みとしびれがひどくなり歩けなくなり、当院を受診しました。3年前にも同じしびれがあり、他院で足底腱膜炎と診断されリハビリ治療を受けましたが、半年間歩けなかったそうです。

 はじめは、足底筋膜炎の再発を疑い、踵の触診を行いましたが圧痛点はありませんでした。話をよく聞くと、痛みというよりビリビリしたしびれだというので、ピンときてふくらはぎを押してみたら、飛び上がるほど痛がりました。

17323.jpg

 ひらめ筋の筋筋膜性疼痛症候群でした。

 「ふくらはぎの筋肉が固くなっていて、そのせいで足の裏がしびれているのです。」と説明したら、「今まで、ふくらはぎを押してくれた先生はいなかったし、しびれの原因を教えてくれた先生もいなかった。」とびっくりしていました。なので、「それは当たり前です。だって、足のしびれの原因がふくらはぎの筋肉からきているって知っている医者は茨城県で俺だけだから。」と返しました。

 トリガーポイント注射をして、夜も眠れないほどしびれるというのでリボトリールを処方しました。

 1回目の注射でしびれがだいぶ取れて、夜も眠れるようになりました。

 2回目の注射でしびれがかなり楽になり、1本杖で歩けるようになりました。

 3回目の注射でしびれはほとんど楽になり、杖なしで歩けるようになりました。

 3年前は半年もかかったのに、今回は3日でよくなってびっくりしていました。

 足の裏のしびれはひらめ筋のトリガーポイントが原因の可能性が高いです。ふくらはぎの真ん中あたりを押してみてください。圧痛があると思います。トリガーポイント注射が効果的ですが、セルフマッサージも効きます。

 下の図のように、仰向けに寝て反対側の膝を立てて、悪い方のふくらはぎのトリガーポイントを膝の上に置きます。そのまま脚を左右に揺すります。けっこう気持ちがいいです。やってみてください。

ふくらはぎマッサージ.jpg

ゴルフ肘にもサインバルタが効く

2018.7.23 カテゴリー|トリガーポイント注射

 私自身の話です。

 去年の9月頃から右肘の内側がすごく痛くなりました。

 ゴルフのやり過ぎによる上腕骨内上顆炎(ゴルフ肘)と診断しました。

 ゴルフ肘は内上顆へのケナコルト局注でたいていすぐに治るので、注射しました。

 でもあまり良くなりませんでした。

 そこで毎日トリガーポイント注射を打ちました。

 でもあまり良くなりませんでした。

 ゴルフをやめれば良くなることはわかっていましたが、それは死んでも嫌でした。

 

 そこで、自分の痛みについてよく観察してみました。

 ゴルフ中はそんなに痛くないのに、ゴルフの後でお風呂に入っておしりを洗おうとすると激痛が走ります。

 内上顆を少し触っただけで、激痛が走ります。

 ジッとしていても痛みを感じるときもありました。

 

 これは慢性痛になってしまっていると診断しました。

 そこで、サインバルタを1カプセル飲むことにしました。

 1日目は少し眠気が出ましたが、それ以外の副作用はなかったので2週間かけて3カプセルまで増やしました。

 飲み始めてすぐに痛みは軽快しました。

 1ヶ月後くらいにはほとんど痛みを感じなくなりました。

 

 今もゴルフをやり過ぎると少し痛みが出るのでサインバルタを飲んでいます。

 慢性痛化したゴルフ肘にもサインバルタは効きますよ。

ネオビタカインシリンジの使用量が全国20位だそうです。

2018.6.08 カテゴリー|トリガーポイント注射

 当院はトリガーポイント注射にネオビタカインシリンジを使用しています。

 その使用量が、昨年度は全国20位だったそうです。

 このランキングには、医者が何百人もいる大学病院や総合病院も含まれているので、地方で一人でやっている開業医が20位に入っていると言われて、我がことながらびっくりしました。

 トリガーポイント注射を打っている回数が全国トップクラスということです。

 トリガーポイント注射は医師なら誰でも出来る簡単な注射ですが、トリガーポイントの見つけ方や注射針の刺す深さや角度にコツがいります。

 ゴルフでもなんでも、たまにやる人よりたくさんやっている人の方がうまいでしょ。

 本当にうまいかどうかは、ゴルフみたいにスコアが出るわけじゃないからわからないけどね。

 まあでも、この結果におごることなく精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ジョギング中に痛くなるのはヘルニアじゃなくて筋肉だよ

2018.5.15 カテゴリー|トリガーポイント注射

 60代の男性

 2年くらい前にジョギング中に右ふくらはぎが攣って痛くなりました。その後右殿部痛も出現し、3カ所くらいの病院を回って原因不明と言われ、某総合病院でMRIを撮り、腰椎椎間板ヘルニアと診断され、ボルタレンSRとオパルモンが処方されましたが、良くならずむしろ痛みは悪化していきました。

 「治すには、入院して手術をするしかないが、切ってみないと良くなるかどうかわからない。」と言われ、ググって1年前に当院を受診しました。

 

 おしりとふくらはぎにトリガーポイントを認めました。

16086.jpg

 「ジョギング中に筋肉を痛めて、それが慢性化しているだけです。椎間板ヘルニアは痛みと関係ありません。」

 と説明して、トリガーポイント注射を打ってトラムセットを処方しました。

 1回目の注射でおしり痛みが改善しました

 2回目の注射でふくらはぎの痛みもだいぶ良くなりました。

 その後も週1回通院してもらっていて順調に良くなっています。

 

 ジョギング中に急にふくらはぎが痛くなったら、普通に考えて痛みの原因は筋肉の痙攣だよね。

 なんで、腰のヘルニアのせいになっちゃうかなぁ。

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ