HOME > 院長BLOG > 骨折・捻挫の治療

院長BLOG

1  2  3  4  5

上腕骨顆上骨折の治療例

2019.2.18 カテゴリー|骨折・捻挫の治療

 6歳の女の子

 遊具から落ちて受傷して、すぐに当院を受診しました。

 初診時の右肘のレントゲン(正面像)

17680a1.jpg

 初診時の右肘のレントゲン(側面像)

17680a2.jpg

 肘関節の少し上(上腕骨顆上部)で骨折していて、後ろ側と内側にずれています。

 「肘の骨が折れていてずれています。このままだと曲がってくっついちゃって支障を残すので、局所麻酔をかけてから整復します。うまく整復できないときや、整復してもすぐにずれてしまうときは手術が必要なので、そのときは県立中央病院に紹介します。」と説明しました。

 血腫内麻酔をしてから、テレビレントゲンをみながら骨折を整復しました。肘を深く曲げるといい位置に整復できたのでそのままシーネで固定しました。

17680b1.jpg

17680b2.jpg

 子供の肘の骨折の合併症に、フォルクマン阻血性拘縮があります。

 フォルクマン阻血性拘縮とは、骨折部から出た出血が前腕の筋肉の中に溜まって、筋肉の血の巡りが悪くなり筋肉が壊死してしまう恐ろしい合併症です。

 フォルクマン阻血性拘縮のなり始めには前腕の筋肉にものすごい痛みが出ます。

 なので、「後から、痛み止めを飲んでも大泣きするぐらい痛がったら救急車を呼んでください。」と説明しました。

 

 幸い、痛みが出ることもなく、再転位することもなく順調に経過しました。

 4週間後のレントゲンです。正常な位置でくっつきました。肘の動きもほとんど問題ありません。

17680c1.jpg

17680c2.jpg

 上腕骨顆上骨折は少し曲がってくっついただけでも、深刻な変形と後遺症を残すことがあるので、うまく治せて良かったです。

子供の骨折は最初のレントゲンでわからないことありますよ。

2019.1.18 カテゴリー|骨折・捻挫の治療

 小学6年生の男子

 硬式野球をしていて、右手首にデッドボールが当たりました。

 痛みがあるため、翌日に当院を受診しました。

 初診時のレントゲンです。

 目をこらしてみても骨折はありませんでした。

18148a.jpg

 「子供の骨折は最初写らないことがあるから、痛かったらまた来てね」と説明して湿布を処方しました。

 

 一度、痛みは治まりましたが、1週間後にボールを投げたらまた痛みが出ました。

 ちょうど年末年始の休診と重なってしまったため、受傷約2週間後に再受診しました。

 そのときのレントゲン

 矢印のところに、骨折線と仮骨を認めました。

18148b.jpg

 「骨折してました。もう治りかけているからギプスは巻かないで経過を見ます。野球はやらないでね。」と説明しました。

 

 さらに1週間後のレントゲンです。

 仮骨がしっかりと形成されています。

18148c.jpg

 「もうくっついたから、野球をしてもいいよ」と説明して治療を終りにしました。

 

 子供の骨は柔らかいので、折れていてもレントゲンに写らないことがあります。

 子供の骨折は最初のレントゲンでわからないことがあるので、痛みが続くときは再度レントゲンをとりに来てください。

 

大きく転位していた中学生の手首の骨折

2018.12.10 カテゴリー|骨折・捻挫の治療

 中学生の男子

 自転車で転んで受傷しました。

 某総合病院の救急外来を受診してレントゲンを撮り、大きく転位した橈骨遠位部骨折を認めました。救急医が同院の整形外科医に電話で問合せをしたところ、「シーネ固定をして、明日近くの整形外科を受診するように説明してください。」と指示をうけました。

 救急医は指示通りシーネ固定して当院宛の紹介状を書いてくれました。

 翌日当院を受診しました。私は持参したレントゲンのコピーを見てびっくり!

 「すげぇずれてんじゃん。」

16717a.jpg

 「骨折がすごくずれているので、局所麻酔をしてから整復します。うまく戻ればそのまま外固定で治療しますが、うまく戻らないときや、すぐにずれちゃうときは、手術が必要なのでもう一度某総合病院に紹介します。」と説明しました。

 血腫内ブロック(骨折部の内出血部に局所麻酔薬を注入して麻酔をかける方法)で麻酔をしてから、テレビレントゲンで確認しながら骨折を整復しました。

 それなりにうまく整復できたのでシーネ固定しました。

16717b.jpg

 経過中、再転位することもなく3週間後のレントゲンで仮骨(骨折をくっつける新しい骨)が十分に形成されていたのでシーネを外しました。

16717c.jpg

 私の腕がいいおかげでうまく治ったからいいけど、私が勤務医だったころにこんなひどい骨折を開業医に紹介したことは一度もないなぁ。

 というか、救急外来に骨折の患者さんが来たと当直医から相談を受けて、電話で済ませたことは一度もなかったと思います。必ず、病院に駆けつけて自分で治療しました。当時はそれが当たり前だと思っていたし、自分がすぐに駆けつけることで、自分自身が困ったときに、内科や外科の先生にすぐに来てもらえるからです。

 某総合病院のような大きな病院の救急外来の仕組みは、私がいたような中規模の病院とは違うのでしょうね。

シーネを外して湿布を交換しても腫れは引かないよ

2018.12.03 カテゴリー|骨折・捻挫の治療

 サッカー部の中学生

 部活中に転倒して受傷しました。

 近くの整形外科を受診して、「右肘の骨が折れているから、肘の上から手首の先までシーネ(添え木)と包帯で固定する。腫れているから、毎日包帯を外して湿布を交換するように。」と説明され、シーネと三角巾で固定されて湿布を処方されました。

 両親が、その説明に不安を覚えたため、翌日当院を受診しました。

 レントゲン上、肘の内側に剥離骨折を認めました。

 「湿布に腫れをひかせる効果なんかないから、湿布交換は意味がありません。むしろ、外したときに骨がずれる危険性があります。また、骨折の形態から手首を固定しても意味がないので、手首は動かせるようなシーネを作り直します。その分、手首や指をどんどん動かしてね。鉛筆を持ってもいいよ。三角巾していると肩を動かさないせいで肩や首に痛みが出るから三角巾でつるしちゃダメだよ。」と説明してシーネ固定しました。

 

 骨折がずれてしまうリスクを冒してまで、シーネを外して湿布を交換する理由がよくわからない。

 骨折したところが腫れるのは、骨折した骨から出血してその血液が皮膚の下や筋肉の中に溜まるからです。

 湿布にその溜まった血液を減らす効果はありません。なので全く無意味です。

 

 腫れをひかすためには、患部の血の巡りを良くすることが一番です。

 指や手首をどんどん動かすと筋肉のポンプ作用で血の巡りが良くなります。

 なので、シーネは必要十分な範囲でしっかり固定して、それ以外の部分はどんどん動かしてもらいます。

 三角巾を使うと、肩だけじゃなく手首や指も使わなくなるので、やっぱり三角巾も使わないほうがいいです。

 

 湿布には痛み止めとしての効果がありますが、骨折の痛みはシーネ固定をしっかりすれば無くなるので、やはり湿布を貼る意味はありません。

 

 シーネを外して湿布を交換しても腫れは引かないし、骨がずれる可能性があるからやっちゃダメだよ。

勝手にシーネの包帯を外したらネットで悪口を書かれるくらい怒るよ

2018.9.14 カテゴリー|骨折・捻挫の治療

 骨折や捻挫の治療でシーネ固定をしたときは、

 「シーネの包帯は素人でも外せるけど、元通りに巻けないから絶対に外さないように!勝手に外した場合は、人が変わったように怒るよ。」

 と説明しています。

 それでも勝手に外してしまう人がいます。そんなときは、本当に人が変わったように怒ります。

 

 実際に私がシーネを巻くときは手際よくちょちょいと巻いちゃうので、誰でも出来るように見えるかもしれませんが、そうじゃありません。

 骨折にたいして、どこに力を加えれば一番しっかり固定できるか力学的視点で考えながら、包帯を順番や巻く強さや範囲を決めています。

 なので医者になって20年以上になりますが、包帯の巻き直しは一度たりとも看護婦さんに任せたりせずに必ず自分でやってきました。

 

 1年くらい前です。

 女の子の手首の骨折にシーネを巻きました。

 1週間後再診してもらった際、包帯が下手くそに巻きなおされていたので、人が変わったように怒ったら、

 「緩んだから看護婦の姉に巻きなおしてもらったから問題ないでしょう!」

 とお母さんが逆ギレしてきたので、

 「その看護婦さんは私と同じくらい骨折の治療の経験と知識があるんですか!だったらその看護婦さんに治してもらえばいい!」

 と逆ギレ返ししました。

 

 そしたら、ネットの口コミサイトに悪口を書かれちゃった。

 なので、今後は「包帯を勝手に外したら、ネットに悪口を書かれるくらい怒るよ!」と説明することにしました。

 

 シーネの包帯は勝手に外さないでくださいね。

 緩んだときは私が巻きなおすから再診してくださいね。

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ