HOME > 院長BLOG > タバコの害について

院長BLOG

1

さくらももこさんとタバコについて

2018.8.29 カテゴリー|タバコの害について

 「ちびまるこちゃん」の作者のさくらももこさんが乳癌でお亡くなりになりました。享年53歳、若すぎる死です。

 私は「ちびまる子ちゃん」の大ファンで、コミックスは全16巻所蔵しています。

 ちなみに、小学校の頃の私は、はまじと永山君と山田を足して3で割ったような子供でした。

 

 さくらももこさんはかなりのヘビースモーカーだったそうです。

 国立がんセンターの研究によると、閉経前の女性では、たばこを吸ったことがあるグループの乳がんリスクは、吸わないグループの3.9倍高いことがわかっています。

https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/272.html

 タバコを吸っていなければこんなに若くして乳癌で亡くなる可能性はきわめて低かったと思います。

 またすばらしい才能がタバコに殺されてしまいました。

 

 上記の研究によると受動喫煙でも乳癌のリスクが2.6倍高いことがわかっています。

 奧さんの前でタバコを吸っている旦那は、「おまえ、早く乳癌で死ねよ」と言っているようなものです。

 ろくなもんじゃない。

【朗報】仕事をさぼってタバコを吸っていると処分される時代になりました

2018.6.06 カテゴリー|タバコの害について

2年で440回職場抜け出し喫煙 大阪府職員訓告処分

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00022931-mbsnewsv-l27

 大阪府の職員が勤務中に職場を抜け出し喫煙を繰り返していたとして、訓告処分を受けました。
 
 訓告処分を受けたのは、大阪府健康医療部の49歳の男性職員です。大阪府によりますと、職員は2年前の4月から2年間で約440回、合計100時間以上にわたり勤務中に職場を離れ、たばこを吸っていたということです。
 
 今年3月、匿名の情報に基づき府の職員が4日間男性職員の勤務中の行動を確認した結果、1日に2~3回、府庁本館から150メートルほど離れた民間のビルの喫煙室でたばこを吸っていたということです。
 
 府庁の敷地内には喫煙スペースがありますが、喫煙が認められているのは昼の休憩時間など勤務時間外だけです。府の調査に対し職員は「業務でストレスが溜まっていた」と話しているということで、依願退職しました。

 いろいろつっこみを入れたいと思います。

 健康医療部で府民の健康を守るための部署でしょ。

 タバコ吸ってちゃダメじゃね。

 あと、「業務でストレスが溜まっていた」とか言っているけど、違うから。ニコチン切れでイライラしてただけだから。

 喫煙によるニコチンの効果は約40分で切れます。なので喫煙者はタバコを吸って40分くらいするとイライラしてくるのです。

 昼休み以外は喫煙を認めないということは、喫煙者に対して、タバコをやめるか仕事を辞めるか選択させているのと同じです。

 この職員も、禁煙外来を受診して、ニコチン依存症の治療を受けていれば、大阪府職員という立派な仕事を失わなくてすんだのにね。

 

 仕事をさぼってタバコを吸っていると処分される時代になりました。

 中高生の諸君!まともな仕事に就きたかったら、興味本位でタバコに手を出しちゃダメだよ。マジでマジで。

びっくりドンキーも全店禁煙にして欲しいよ

2018.6.05 カテゴリー|タバコの害について

 私、びっくりドンキーの「チーズバーグディッシュ300gの小ライス」が大好きです。

 岩間にはびっくりドンキーなんてないので、講演会で水戸に行ったときに水戸50号バイパス店によって食べてます。

 味もボリュームも大満足なのですが、大きな不満がひとつ。

 受動喫煙防止という点では全く無意味なスペース分煙なんです。

 もちろん禁煙席で食事をするのですが、喫煙席から流れてくる臭いにおいで、気分が悪くなります。

 そしてなにより、小さな子供たちや、アルバイトの若い子たちが受動喫煙に曝されていることに怒りを感じます。

 びっくりドンキーの本部に「なぜ意味のないスペース分煙をいまだにやっているのか?」と問い合わせたら、

 「直営店は順次、完全禁煙に移行しているが、水戸店はフランチャイズのため強制でない。」そうです。

 本部に言ってもダメなので、これから行くたびにアンケートに「完全禁煙にしなければもう来ない。」と書くことにします。

 もし良かったら皆さんもご協力をお願いします。

 

プロアスリートなのにタバコを吸っている時点でダメじゃね

2018.2.07 カテゴリー|タバコの害について

西武 喫煙発覚の19歳今井に厳罰 対外試合出場禁止、ユニ着用も認めず

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000038-spnannex-base

西武は6日、未成年の今井達也投手(19)が喫煙したため厳重注意し、7日から対外試合出場停止処分にしたと発表した。


 今回、今井投手は未成年なのに喫煙したから処分されましたが、そもそもプロアスリートなのに喫煙しているとか馬鹿杉じゃね。

 喫煙が身体能力に及ぼす影響として

 ① 心肺機能の低下

 ② 集中力の低下

 ③ 筋力・瞬発力の低下

 ④ 腰痛などの怪我の発症リスクの上昇

 ⑤ 回復力の低下

 などが上げられます。

 つまり、タバコを吸うと競技能力が低下して、選手生命が短くなります。

 タバコを吸ったことで、今まで積み上げてきた努力も、今後もらえるはずだった何十億という年棒もパーになってしまう可能性が高くなるのです。

 そんなこともわからないのは、いくら何でも馬鹿杉ます。

 

 同じ西武で活躍した清原選手は、巨人軍に移籍してから怪我とパフォーマンスの低下に苦しみました。

 私はその原因のひとつがタバコだと思っています。

 清原選手はそのまま、若い頃の輝きを取り戻すことができずに引退して、ニコチン依存症から最後は薬物依存症になっちゃいました。

 

 今井選手も、ここですぱっと禁煙して長く活躍できる選手になって欲しいです。

 

 というか、高い年棒を払っている選手がタバコのせいで活躍できなかったら球団が大損するんだから、球団で喫煙を禁止するとか、喫煙者とは契約しないとかするべきだと思うよ。

タバコ吸っているのに救急車なんか呼ぶなよ

2018.1.15 カテゴリー|タバコの害について

 「タバコ吸っているのに救急車なんか呼ぶなよ」

 なかなか強烈なセリフですよね。

 私が言ったんじゃありません。

 当院に通院中の患者さんが、内科の主治医から言われたセリフです。

 60代の女性で、ヘビースモーカーで、心臓の具合が悪くなったときに内科の先生に言われたそうです。

 「心臓に悪いことがわかっていてタバコを吸っていて急に具合が悪くなっても自己責任だから、みんなの税金で運営している救急車を呼ぶなよ。」

 という意味です。それを聞いてこの女性はすぐに禁煙しました。

 

 数ヶ月前、喫煙者の知人が心血管系の病気で入院して緊急手術を受けました。

 先日久しぶりにあったので、挨拶の後で

 「タバコ止めましたか?」

 と聞きました。そしたら、

 「一昨日から、また吸い始めちゃったよ。ワッハッハ。」

 と笑ったので、あきれた顔で、

 「そりゃダメだ、全然ダメ、自殺と一緒。どうしようもないですね。」

 って言っちゃった。相手は20歳以上年上の議員さんなんだけどね。

 ホントはさらに続けて、

 「タバコ吸っているのに、次に具合が悪くなっても救急車なんか呼ぶなよ」

 って言いたかったけど、自重しました。

 怒らせるとめんどくさいし、そこまで心配してやる義理ないからね。

1

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ