HOME > 院長BLOG > その他の治療について

院長BLOG

1  2  3  4  5

画像所見ばかり見ているから五十肩も診断できない

2019.11.11 カテゴリー|その他の治療について

 60代の女性

 半年前から左肩から腕にかけての痛みが出現しました。

 近くの整形外科を受診して、首と肩のMRIを撮り、頚椎に軽いヘルニアがあると診断され、首の牽引と電気治療を受けていましたが、ちっとも良くならず、痛みで夜も眠れなくなりました。主治医にそのことを相談すると「頚椎の影響って言ったでしょ」と言われロキソニンが処方されただけで、何もしてもらえず、困ってしまってメールで相談後、車で2時間かけて当院を受診しました。 

 ちなみに、メールの相談に対する返事はこんな感じです。

 診察していないので何とも言えませんが、頚椎のせいではないと思います。五十肩または棘下筋など肩甲骨周囲の筋肉の筋痛症じゃないでしょうか。トリガーポイント注射や関節ブロック、サインバルタの内服などが有効かもしれません。
 
 診察した結果、可動域制限もある典型的な五十肩(肩関節周囲炎)でした。
 関節内ブロックをして、カロナールとリボトリールを処方して、毎晩、お風呂上がりにストレッチをするように指導しました。
 
 画像所見ばかり見ていて、問診や理学所見をちゃんと診ないから、こんな典型的な五十肩さえ診断できないのです。
 画像所見による診断を信じて疑わないから、うまく治らなくても、他の疾病の可能性を疑わない。
 そして、治らないのは患者のせいと考えて切れる。
 
 後輩だったら、よくよく指導して間違いを正してあげられるんだけどね。どうしようもないね。
 
 
 
 

超個人的・痛み止め内服薬評価

2019.10.25 カテゴリー|その他の治療について

 私が使用経験がある痛み止め内服薬に着いて、超個人的な評価をまとめたいと思います。

 あくまで個人的な感想で、エビデンスとかありませんから、文句言われても返答しませんよ。

 

ロキソニン けっこう効く。頭痛にも効く。胃粘膜障害や腎機能障害、顔や手足の浮腫みなどの副作用あり。

セレコックス ロキソニンと同じくら効く。胃粘膜障害などの副作用は少ない。使いやすい

ハイペン ロキソニンよりは効き目が弱い。胃粘膜障害などの副作用は少ない。なぜか腰椎圧迫骨折の痛みにだけすごくよく効く

ボルタレン かなり切れ味良く効く。胃粘膜障害の副作用がめちゃめちゃ多い。なので、内服薬より座薬の方が安全。インフルエンザ脳症の原因になるので座薬を含めて小児には使用しません。

ロルカム 効き目はハイペンくらい。副作用はボルタレンくらい。今は使ってない。

モービック あまり効かない分、副作用も少ない。今は使ってない。

上記の薬はNSAIDという痛み止めの種類で、すべて高齢者に使用すると腎機能障害から腎不全になることがあるので要注意です。

 

カロナール けっこう効く。副作用はほとんどない。年齢や体重で用量を変えられるので、適正な量を処方すればちゃんと効く。副作用が少ないので子供や高齢者にも使いやすい。錠剤がでかいのが難点。

 

トラムセット かなり切れ味良く効く。吐き気や眠気などの副作用があるが、胃粘膜障害はほとんど出ない。麻薬系の弱オピオイドとカロナールの配合剤

 

トラマール・ワントラム トラムセットからカロナールを抜いたもの。トラムセットより切れ味が落ちる。最近あまり使ってない。

 

サインバルタ 慢性痛に対して劇的に効くときがある。吐き気などの副作用がひどくて飲めない人が4人に1人くらいいる。副作用を抑えるため低用量20mgから開始して徐々に増量する。副作用をなく最大用量の60mgまで増やせればほとんどの人が良くなる。

 

リリカ 帯状疱疹後神経痛にはすごく効くけど、その他の痛みにはあまり効かない。ふらつきなどの副作用あり。

タリージェ 効き目はリリカと同じ。副作用は少し少ない。

 

オパルモン 腰部脊柱管狭窄症に対してよく処方されるが、これでよくなった患者さんを見たことがない。

 

リボトリール 抗てんかん薬だけど、慢性痛によく効く。五十肩の夜間痛とか、朝起きたときの痛みに特に効く。

日曜日は粉瘤の手術はやりません!

2019.8.26 カテゴリー|その他の治療について

 日曜日はめちゃめちゃ混みます。

 駐車場に車が止められないくらい混みます。

 待合室の椅子が足りなくなるくらい混みます。

 私が過労死しそうになるくらい混みます。

 めちゃめちゃ忙しいので、粉瘤の手術をする時間なんかありません。

 なので、せっかく来院してもらっても「とりあえず抗生剤でちらします。手術を希望するときは月曜か木曜の午後に来てください。」と説明して一度帰ってもらいます。

 だから、粉瘤の手術を希望する方は最初から月木の午後に受診してください。

信頼関係が大切だから二股かけちゃダメだよ

2019.7.29 カテゴリー|その他の治療について

 70代の女性

 5年くらい前に転倒して左殿部を打撲してから、ずっと左殿部が痛いそうです。

 ○○整形外科に通院して湿布と電気治療を受けているけど良くならないため、知人に勧められて当院を受診しました。

 

 ○○整形外科の湿布の種類を確認するためにお薬手帳をみせてもらったら、△△病院の整形外科からも別の湿布をもらっていました。

 「なんでこれ、2カ所の病院から湿布もらっているの?」

 「怪我してすぐに△△病院にかかって、そのままずっと治療を受けています。」

 「てことは、ずっと2カ所の病院で治療を受けていたってことなの。そのことを○○整形外科の先生や、△△病院の先生は言ってある?」

 「いえ、言ってません。」

 「それ一番ダメな治療の受け方だよ。痛みの治療に関しては医者と患者の信頼関係が一番大切です。医者に内緒で、同じ病気で別の医者にかかっていたら信頼関係は築けません。医者によって診断や治療は変わります。特に俺は、他の医者とは違う診断と治療をするので、○○整形外科の先生や△△病院の先生とは全然違う説明をするでしょう。すると患者さんは混乱してよけいに治りが悪くなってしまします。」

 「二股かけている人とは信頼関係は築けないでしょ。浮気しちゃダメ、本命一本に絞らないとダメ。」

 「今後、○○整形外科や△△病院の通院を止めて、治療を当院一本に絞る決心がついたら、また受診してください。」

 と説明して、一度お帰りいただきました。

 

 信頼関係が大切だからね。二股かけちゃダメだよ。

皮膚科専門医じゃないよ

2019.6.25 カテゴリー|その他の治療について

 当院は整形外科、形成外科、皮膚科を標榜していますが、私の専門は整形外科です。

 湿潤療法やビオチン療法をやっているので皮膚科を標榜しているだけなので、皮膚科専門医の資格は持っていません。

 ヤケドや切り傷、すり傷の治療は茨城県で一番うまい自信がありますし、掌蹠膿疱症の治療についてもかなり自信がありますが、その他の皮膚疾患に関しては皮膚科の専門医の先生にはかないません。(湿潤療法で対応可能なトビヒの治療は割と自信あります。)

 虫さされとか、水虫とか、接触性皮膚炎とか、ニキビとか、じんま疹とか、ミズイボとか見ただけでわかる皮膚疾患の治療は出来ますが、皮膚癌とか、多発血管炎症性肉芽腫とか、Stevens-Johnson症候群とか無理です。診断できません。

 診断と治療できないときは皮膚科専門医にすぐに紹介します。当院より北の患者さんは茨城県立中央病院皮膚科へ、当院より南の患者さんは石岡平本皮膚科に紹介することが多いです。

 皮膚科専門医はこのページで見つけることが出来ます。ご参照ください。

 http://www.dermatol.or.jp/modules/spMap/

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ