HOME > 院長BLOG > その他の治療について

院長BLOG

1  2  3  4  5

診察なしでは薬も湿布も出さないよ

2020.7.02 カテゴリー|その他の治療について

 たまに受付で「診察なしで薬や湿布だけもらいたい。」と要求してくる患者さんがいますが、当院は診察なしでは薬も湿布だしません。

 そもそも現在の保険診療制度の中では、医師の診察なしでお薬を処方することは認められておりません。 

 まれに診察なしで薬を処方する病院やクリニックもあるようですが、明らかな法律違反だし、症状の変化に気がつかずあわない薬や必要のない薬を処方してしまい、患者さんが不利益を被る可能性があるのでやるべきではありません。

 

 80歳の男性

 3ヶ月前に自然と腰が痛くなりました。某整形外科クリニックを受診してレントゲンを撮りました。

 「腰の骨が潰れているけど、痛みとは関係ないだろう。」と説明されて痛み止めが処方されました。

 そのあと2回ほど診察を受けずに痛み止めだけをもらいましたが、痛みが取れないため通院をやめたそうです。

 

 3ヶ月しても治らないので当院を受診しました。

 レントゲン上、第2腰椎と第5腰椎の圧迫骨折を認めました。寝て起きるときに痛いなどの症状から圧迫骨折による痛みと診断し、テリボン皮下注射を開始しました。

 

 この患者さんは、2回目に某整形外科を受診した際に、薬だけもらわずにちゃんと診察を受けるべきでした。

 以前にも書きましたが、医師は1回の診察だけで確定診断が出来ることはほとんどありません。1回目である程度の診断をつけて、治療をしてみて、その反応や経過を診て、検査を追加したりして徐々に診断を確定していって、治療方針を決めていくのです。

 某整形外科の院長先生だって、痛み止めを出しても全然良くならないなら、もしかして圧迫骨折が進行しているんじゃないかと考えて、もう一度レントゲンを撮ったはずです。そうすれば、もっと早く痛みが楽になっていたはずです。

 

 痛み止めと湿布だけ欲しいだけなら、わざわざ医者にかからずにドラックストアに買いに行けばいいのです。

 医者も医者で、診察しないで薬を出すなんて無責任すぎます。

 

 当院では診察なしでは薬も湿布もださないよ。

 

ヒルドイドクリームはクソ

2020.5.22 カテゴリー|その他の治療について

 60代の男性

 1年前から顔に皮膚炎が出来て、皮膚科からヒルドイドクリームが処方されていましたが良くならないため、当院を受診しました。

 私は以下のように説明しました。

 「ヒルドイドクリームはクソです。クリームに含まれる界面活性剤は石鹸と同じです。界面活性剤の作用で塗った瞬間はつるつるになりますが、皮膚の脂が落ちてしまうため、後から帰ってゴワゴワになります。皮膚の脂は皮膚を守ってくれる皮膚常在菌の餌なので、落としてしまうと病原菌が増えて、湿疹がひどくなります。ヒルドイドクリームをやめて、弱いステロイドの軟膏を塗りましょう。」

 

 

 3日で良くなったそうです。

 やっぱりヒルドイドクリームはクソだった。

健康番組性橈骨神経麻痺

2020.2.18 カテゴリー|その他の治療について

 70代後半の男性

 2日前の朝から右手が動かなくなったと当院を受診しました。

 右手首と指が伸ばせなくなっていて、右手の甲に知覚障害がありました。

 典型的な橈骨神経麻痺でした。

 朝起きたときに動かなくなったので、寝ている間に二の腕のところで橈骨神経が圧迫されていたと思われます。

 「お酒をたくさん飲んで酔っ払って、変な格好で寝ちゃったんじゃないですか?」と聞いたら

 「酒はビール1本しか飲んでないから酔っ払ってない。でも、そういえば、テレビで痛いところをソフトボールでマッサージするといいってやってたから、腕のところにソフトボールを当ててそのまま寝ちゃった。」と答えました。

 「それが原因の麻痺だよ。神経が自然と回復するのを待つしか無いよ。テレビの健康番組なんて嘘ばかりだからあんまり見ない方がいいよ。」と説明しました。

 

 痛いところをソフトボールでマッサージするって、もしかしてトリガーポイントマッサージのことだったのかな?

 それ自体は間違ってないけど、テレビの健康番組では面白おかしくするために誰でも出来る簡単な方法でものすごい効果があるように演出しています。そのため、細かい注意点やコツについてはあえてちょこっとしか説明しません。

 なので、「テレビの健康番組でやっている治療や運動をやって余計に痛くなった。」という患者さんがたくさん来ます。

 テレビの健康番組は嘘ばかりというのはちょっと言い過ぎですが、しょせんバラエティー番組なのであんまり信用しない方がいいですよ。

湿疹(ただれ、かぶれ)にオロナインを塗ってはダメよ

2020.1.10 カテゴリー|その他の治療について

 60代の女性、半年前に両手首に小さな湿疹が出来たため、自宅にあったオロナインH軟膏を塗っていました。

 その後、湿疹はだんだん広がっていき、手の甲から肘の近くまで広がってしまったため、当院を受診しました。

「最初の湿疹の原因はわからないけど、今の状態はオロナインによる接触性皮膚炎だから、オロナインを塗るのを止めましょう。」と説明して、タリオン(かゆみ止めの飲み薬)とマイザー軟膏(ステロイド軟膏)を処方しました。

 

 オロナインH軟膏は、消毒薬のクロルヘキシジンをクリームに溶かしてある外用薬です。

 消毒薬とクリームという皮膚や皮下組織に有害な物質のダブルコンボです。

 有害無益のクソ薬です。

 

 オロナインを万能薬のように思っている人がたくさんいますが、オロナインの説明書には以下のように書かれています。

 薬効分類  化膿性疾患用薬

 効能・効果  にきび,吹出物,はたけ,火傷(かるいもの),ひび,しもやけ,あかぎれ,きず,水虫(じゅくじゅくしていないもの),たむし,いんきん,しらくも

 次の部位には使用しないでください。(1)湿疹(ただれ,かぶれ)(2)化粧下(3)虫さされ

 

 オロナインH軟膏は有害無益のクソ薬なので、使ってはいけません。

 特に湿疹(ただれ、かぶれ)には使ってはいけません。

 市販薬を使うときもちゃんと説明書を読みましょう。これ大事。

 

画像所見ばかり見ているから五十肩も診断できない

2019.11.11 カテゴリー|その他の治療について

 60代の女性

 半年前から左肩から腕にかけての痛みが出現しました。

 近くの整形外科を受診して、首と肩のMRIを撮り、頚椎に軽いヘルニアがあると診断され、首の牽引と電気治療を受けていましたが、ちっとも良くならず、痛みで夜も眠れなくなりました。主治医にそのことを相談すると「頚椎の影響って言ったでしょ」と言われロキソニンが処方されただけで、何もしてもらえず、困ってしまってメールで相談後、車で2時間かけて当院を受診しました。 

 ちなみに、メールの相談に対する返事はこんな感じです。

 診察していないので何とも言えませんが、頚椎のせいではないと思います。五十肩または棘下筋など肩甲骨周囲の筋肉の筋痛症じゃないでしょうか。トリガーポイント注射や関節ブロック、サインバルタの内服などが有効かもしれません。
 
 診察した結果、可動域制限もある典型的な五十肩(肩関節周囲炎)でした。
 関節内ブロックをして、カロナールとリボトリールを処方して、毎晩、お風呂上がりにストレッチをするように指導しました。
 
 画像所見ばかり見ていて、問診や理学所見をちゃんと診ないから、こんな典型的な五十肩さえ診断できないのです。
 画像所見による診断を信じて疑わないから、うまく治らなくても、他の疾病の可能性を疑わない。
 そして、治らないのは患者のせいと考えて切れる。
 
 後輩だったら、よくよく指導して間違いを正してあげられるんだけどね。どうしようもないね。
 
 
 
 

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ