HOME > 院長BLOG

院長BLOG

前の5件 1  2  3  4  5

d払いとメルペイも出来るようになりました。

2021.1.08 カテゴリー|その他

 1月7日より当院でもd払いとメルペイも出来るようになりました。

 これまでも、VISAカード、Suicaなど交通系カード、nanaco、Edy、PayPayなど、キャッシュレス決済がいろいろ出来ましたがさらに充実しました。

 現金だと数え間違う可能性もあるし、両替しなきゃいけないし、いろいろ面倒くさいのでなるべくキャッシュレスで決済してください。

 よろしくお願いいたします。

Dbarai.jpeg

間違いだらけのコロナ対策

2021.1.06 カテゴリー|その他

 岩間中学校の学校保健委員会で、コロナ対策について講演するように頼まれたので、私なりの対策をここに記したいと思います。

 私は整形外科医で、呼吸器感染症の専門家でもウイルス学の専門家でもないので、細かいところは突っ込まれてもわかりませんし、無視しますのでご了承ください。

 Q&A方式でまとめてみます。

 

Q,新型コロナウイルスは撲滅できるの?

A,撲滅は不可能です。

 人類が撲滅できたウイルスは天然痘ウイルスだけです。

 天然痘ウイルスには以下の3つの条件がすべてそろっていたため撲滅することができました。

 ①不顕性感染が少なく、特有の疱瘡ができるため患者の隔離が容易だった。

 ②ヒト以外に感染しないウイルスだった。

 ③一度摂取すれば終生免疫ができる非常に有効なワクチンがあった。

 新型コロナウイルスは、①も②も③も当てはまらないので撲滅なんてできるわけありません。インフルエンザウイルスと同様に新型コロナウイルスと共存するしか人類が進む道はありません。

 

Q,ワクチンができれば感染者数は減るの?

A,感染者数は減りません。重症者数と死者数は減ります。

 現在、欧米で摂取が開始されているワクチンは、感染後に重症化するリスクを減らすもので、感染を予防する効果はほとんどありません。なので国民全員がワクチンを受けても感染者数は減りません。

 しかし、ワクチンを打つことで国民が安心して、マスコミが感染者数を報道することをやめれば、コロナパニックは収束します。

 

Q,新型コロナは空気感染するの? 

A,空気感染はほとんどしません。主な感染経路は飛沫感染です。

 新型コロナが空気感染するなら、満員電車で毎日のように大規模な集団感染が起きるはずです。しかし、実際に集団感染が起きているのは、介護施設だったり、合宿所だったり、宴会場やカラオケ店などです。これはつまり、新型コロナウイルスが主に飛沫感染で広がっている証拠です。

 感染者が大声を出したり、咳をしたりするとウイルスを含んだ唾が飛び散ってあちこちに付着します。その付着したウイルスを触ってしまった指先で目や鼻や口の粘膜を触るとそこからウイルスが体内に侵入します。これが飛沫感染です。

 宴会で酔っ払って大声で騒いだ患者さんの唾が付いた食事を摂取した際も感染します。これも飛沫感染です。

 

Q,マスクは常につけてる必要があるの?

A,大声で話したり歌ったり、咳やくしゃみをするときだけつけていれば問題ありません。

 上に書いたように、新型コロナウイルスは主に飛沫感染で広がるので、唾を飛ばさないようにすれば感染拡大を予防できます。マスクは唾を飛ばさないためにするものです。なので黙っているときはマスクをしていても意味がありません。同じ理由で、鼻水が出ていない人はマスクから鼻を出していても問題ありません。

 また、外で運動するときにマスクをする必要はありません。運動中に顔に唾がかかることはほとんどありませんから。

 

Q,アルコールによる手洗いは有効なの?

A,それなりに有効です。

 指先にウイルスが付着している場合は有効ですが、それよりも極力目や鼻や口の粘膜を触らないように気を付けることのほうが重要です。

 

Q,無症状の感染者が他の人にうつす可能性はあるの?

A,以下の論文によると0%です。

 「1000万人を対象」とした大規模な新型コロナウイルスの無症候性の感染研究で「症状のない陽性者による感染事例は《0%》」だったことが判明。症状のない人たちを隔離する無意味さがさらに明らかに

https://indeep.jp/asymptomatic-transmission-of-corona-virus-did-not-occur-at-all/

 ネイチャー・コミュニケーションズのこの研究「中国武漢の約 1,000万人の住民における封鎖後のSARS-CoV-2核酸スクリーニング」と題された論文では、無症候性キャリアが感染を拡大させていない概念が明らかとなった。

 
 調査対象の約 1,000万人のうち、「 300人の無症候性症例」が見つかったと研究は述べている。その後、コンタクト・トレーシング(濃厚接触者の追跡)が行われ、その結果、合計 1,174人の濃厚接触者のすべてが COVID-19に陰性で、陽性症例は 1人もいなかった。
 
 その後、無症候性の患者と濃厚接触者の両方が 2週間隔離されたが、その 2週間後も結果は同じままだった。

 無症状の感染者が他の人にうつす可能性がないのならば、無症状の人がマスクをする意味はなさそうです。

 

Q,フェイスシールドやマウスシールド、透明な衝立などは感染予防効果があるの?

A,感染予防効果はありません。むしろリスクを高める可能性があります。

 大声で話したり咳をしたときの、唾の飛沫は四方八方に飛び散るので、顔の前の一部しか覆っていないフェイスシールドやマウスシールドには飛沫防止効果はありません。

 また、使用後のフェイスシールドやマウスシールドには唾の飛沫がたくさんついているので、ほかの人がうっかり触ってしまったら、感染拡大の原因になります。

 透明な衝立やビニールシートも意味がないどころか、かえって危険です。唾の飛沫は何もなければ床に付着しますが、衝立があったらそこにくっつきます。床を触る人はいませんが、手が届くところにある衝立やビニールシートはうっかり触ってしまう可能性があるので、かえって感染拡大の原因になります。

 

Q,空間除菌は効果があるの?

A,新型コロナウイルスはほとんど空気感染しないので効果はありません。むしろ人体に有害です。

 次亜塩素酸などの消毒薬を、加湿器や空気清浄機に入れて空間除菌をしている人がいるようですが、新型コロナウイルス感染予防に無効なだけでなく、人体に有害なので絶対にやめましょう。

 それから、名札のように首から下げるだけで、空間除菌できるとうたっている商品もありますが、あんなものでウイルスが死ぬわけないことは中学校レベルの理科をちゃんと理解していれば誰でもわかることです。首からぶら下げていると「私は馬鹿です。」と宣伝して歩いているようなものなので今すぐ捨てましょう。

 

Q,中学校のコロナ対策は具体的に何をすればいいか?

A,日本では新型コロナウイルスによる死んだ子供は一人もいません。子供たちにとってはインフルエンザのほうがよっぽど危険です。

 なので、子供達は今まで通りの普通の学校生活を送っていても問題ないはずです。修学旅行も体育祭も合唱祭もやっていいはずです。

 でも、今は日本中がコロナパニックに陥っているので、学校内で集団感染なんて起きると大騒ぎになってしまうので、感染対策をせざるを得ません。

 体調が悪い生徒は無理に学校に来ないで、家で寝ていましょう。そのためには学校を休みやすい雰囲気づくりが必要です。具体的には欠席が少ない生徒はまじめな生徒という評価基準を見直しましょう。

 給食は静かに全員同じ方向を向いて食べましょう。静かに食べる給食なんて味気なくて子供たちがかわいそうですが、仕方ありません。

 話したり歌ったりするときはマスクをしましょう。

 そして何より、免疫力を弱めないために、十分な睡眠をとりましょう。睡眠時間を削るような大量の宿題を出さないでください。

新型コロナより餅のほうが怖いよ

2020.12.28 カテゴリー|その他

 またツイッターでちょっとだけバズりました。

SC20201228-073032.jpg

 今日、12月28日は餅つきの日です。日本中の農家で餅つきが行われていると思います。

 でも、餅はかなり危険な食べ物なのです。

 餅による窒息死は年間約1,300人です。そのほとんどが1月に集中していて、特に元旦に多いそうです。9割が65歳以上の高齢者です。

 細かいデータは見つかりませんでしたが、少なく見積もっても元旦だけで100人くらいは餅が原因で死んでいると思われます。

 新型コロナの死者数は統計取り始めた2月21日から12月26日の間で3,062人です。1日平均9.9人です。一番多い日でも64人でした。

 正月の3が日の間だけでも、朝のニュースで餅の死者数をコロナの死者数と合わせて報道してほしいものです。

 「本日の餅による死者数は105人、新型コロナによる死者数は32人でした。」

 って言われれば、みんな「コロナより餅のほうが怖いな。というかコロナってそんなに怖くねぇな。」と気づいてくれるでしょう。

 みんながコロナを怖がっているのは、毎日馬鹿みたいに感染者数(本当はPCR検査陽性者数)や死者数を発表しているからです。

 

 今年は帰省をしない家族がたくさんいると思います。

 すると高齢者が1人でお餅を食べることが増えます。

 1人で餅を食べていて餅が喉につまっても誰も助けられません。

 子供や孫に会えないまま、苦しみながら孤独に亡くなることになります。

 本当にそれでいいのでしょうか?

 私は間違っていると思いますけどね。

高齢者が肺炎で亡くなるのはありふれた話です。

2020.12.14 カテゴリー|その他

 生まれて初めてツイッターでバズりました。

SC20201214-083227.jpg

 返信や、引用ツイートもほぼ好意的な内容でした。攻撃的なクソリプを送ってくるコロナ脳は1人もいませんでした。多くの人が現状行われているコロナ対策を何か変だと感じるようになってきたのでしょう。

 

 寝たきりだったり、重度認知症だったりで介護施設に入所している高齢者が、風邪から肺炎になっても通常はそのまま施設で看取りをするか、入院したとしても一般病床に入院させて抗生物質で治療するだけで、重症になっても人工呼吸器につないで延命治療したりはしません。

 それがその人の寿命だからです。

 

 しかし、今は熱があるとPCR検査をしなければいけません。そしてPCR検査で陽性が出てしまうとその熱の原因がコロナウイルスかどうかにかかわらず、コロナ専門の病棟に入院しなければいけません。

 コロナ専用病棟には介護士は入れないので、本来は介護士の仕事である寝たきり患者のおむつの世話や食事介助を防護服で完全防備した看護師が行わなければいけません。

 また病状が回復した高齢者を、元の施設に戻そうとしても施設から断られることがよくあるそうです。施設側も風評被害とかを考えると断らざるをえない事情があります。そうすると行き場のない高齢者がそのままコロナ病棟を占拠することになり、おむつや食事の世話を看護師が続けることになります。そりゃ、病床も看護師さん足りなくなりますよ。

 さらにコロナの死者を1人も出してはいけないという世間からの圧力と治療費が全額国から出るという経営的なメリットがあるため、通常なら人工呼吸器につながないような超高齢者にも人工呼吸器につないで集中治療室で治療することになります。超高齢者は人工呼吸器につないでもほとんど助からないので、本人とっては苦しいだけでなんのメリットもありません。

 PCR検査がなければ、枯れ木が朽ちるように苦しまずに安らかな最後を迎えることができたはずなのに・・・

 

 高齢者が肺炎で亡くなるのはありふれた話です。その原因が、新型コロナでもインフルエンザでも肺炎球菌でも誤嚥性肺炎でも同じことです。新型コロナの扱いを指定感染症2類相当からインフルエンザと同じ5類相当に変更すれば、高齢者が集中治療室を占拠することはなくなります。その分の医療資源を比較的若い人の重症患者に当てるべきです。

 

 菅総理、ご決断を!

 

俺が菅総理だったらコロナ対策はこうやる

2020.11.27 カテゴリー|その他

私がツイッターでフォローしているDr.【内科医】さんがツイートしたコロナ対策が、私的に完璧だと思ったので紹介します。

私が考えるコロナ対策
 
①現在の指定感染症から外して『インフルエンザ』同等の扱いにする
 
②手洗い・マスクは『していない人が攻撃されない』程度に推奨する
 
③感染者数をマスコミで発表しないよう報道規制をかける
 
④熱が出たら休みやすくなるような社会の雰囲気にする
 
 特に①のインフルエンザと同等の扱いにするが重要です。冬になって感染者数が増えてきて医療崩壊すると騒いでおります。たかだか14万人くらいしか感染していない新型コロナウイルスで医療崩壊が起きてしまのは、風邪に毛が生えたくらいのウイルスを指定感染症にして特別扱いしているからです。インフルエンザは毎年1,000万人以上感染しているのにこれまで医療崩壊は起きそうになったことさえありません。新型コロナウイルスを指定感染症から外すだけで、医療崩壊は防げます。
 
 ②について、手洗いやマスクでどのくらい感染拡大を防げるかはまだよくわかっていません。他に方法が思いつかないので推奨しているだけです。それなのに手洗いやマスクをしていない人を非国民扱いして攻撃するのはおかしいです。
 
 ③感染者数というかPCR陽性者数をマスコミで発表すること止めるべきです。そもそもPCR検査は感度が高すぎて疑陽性が多すぎる。そんな不正確なデータを出して国民を脅すのはやめてほしい。
 
 ④も大切ですね。今までは熱があっても仕事や学校に行くのが当たり前でした。私も若い頃に38度も熱があるのに仕事を休まずに手術までしたことがあります。それじゃインフルエンザが流行るのは当たり前です。熱があったら休みましょう。私もこれからは熱があったら休みます。そのときは臨時休診にするので文句を言わないでください。といってもここ15年くらい熱を出した覚えはありませんけどね。
 
 以上、私が菅総理だったらやりたいコロナ対策でした。

前の5件 1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ