HOME > 院長BLOG

院長BLOG

前の5件 1  2  3  4  5

親の夢を子供に押しつけるのは危険だよ

2021.3.16 カテゴリー|その他

こんな悲しい記事を読みました。

 

医学部受験で9年浪人 〝教育虐待〟の果てに…
母殺害の裁判で浮かび上がった親子の実態

https://this.kiji.is/741154375854899200?c=39546741839462401

 

 この記事を読んで思いだした患者さんがいます。
 私が医者に成り立ての頃、大学病院の整形外科にもう10年近く入院している若い女性の患者さんがいました。最初は腰痛で入院し腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けましたが、痛みが取れずそのまま入院を続けていました。その経過中に、原因不明の右足首の化膿性関節炎が発症し治療しても良くならないため、右下腿部で足を切断しました。切断して感染が落ち着くと、今度は膝関節が化膿性関節炎になり同様の経過で右大腿部で切断。さらにその後、右股関節の化膿性関節炎になり、骨盤の半分を切除しました。
 私が担当したときは、おしりに大きな開放創があり、毎日そこを生理食塩水で洗浄するのが研修医の仕事でした。治療をして感染がおさまってもすぐにまた悪化することを繰り返していました。大学の先生達も原因がわからずただただ対症療法を繰り返すだけでした。
 原因がわかったのは、私が医師になって2年目の時です。いつものように開放創の洗浄をしようとした後輩が創の中からあるはずのない注射針を見つけたのです。そのことがきっかけで、患者さんが自傷行為を密かに繰り返したいた疑いが出て、精神科に紹介することになりました。
 精神科の教授の診断はミュンヒハウゼン症候群でした。
 ミュンヒハウゼン症候群は虚偽性障害に分類される精神疾患の一種で、症例として周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られます。
 精神科の教授の分析によると、患者さんは父親に医者になることを強制された結果、精神を病んでミュンヒハウゼン症候群になってしまったということでした。
 この患者さんはその後、精神科で治療を受けましたが症状が改善せず、5年後くらいに敗血症になって亡くなりました。
 
 
 外来にはいろいろな親子が来ます。中にはスポーツやっている子供本人より、親の方が熱心なケースが見られます。このようなケースを見ると、親が子供に自分の夢を押しつけているのではないか、本当は子供はこのスポーツをやりたくないんじゃないか、上記の患者さんのように心を病んでしまうのではないかと、とても心配になります。
 
 女子プロゴルフの畑岡奈紗選手は、娘の同級生です。お母さんのことはよく知っています。奈紗選手に対して両親からゴルフをやるようにすすめたことは一度もないそうです。本人がプロゴルファーになりたいと希望したため両親がバックアップをしただけだそうです。
 
 私も子供たちに自分の医院を継ぐように言ったことは一度もありません。私は自分の好きで開業医になったので、借金を返し終わって、年取ってやる気が無くなったら閉院するつもりです。
 
 私が親から医者になるように言われたことも一度もありません。小さい頃から勉強が得意だったので、一生食いっぱぐれない資格として医師免許をとっただけです。
 

 子供は親とは別人格で、親の所有物ではないのだから、医者でも、学歴でも、スポーツ選手でも親の夢を子供に押しつけるのは危険だよ。

 そこんところよくわかってない親がたくさんいて本当に心配だよ。

3歳からつづく原因不明の痛みがトリガーポイント注射で改善!

2021.3.15 カテゴリー|トリガーポイント注射

 11歳の男の子

 3歳の頃から左膝に痛みがあり、7歳くらいから痛みがひどくなりました。某大学病院でいろいろ検査を受けましたが原因がわからず、ナイキサン内服で経過を診られていました。

 先月、車で1時間かけて当院を受診しました。

 内側広筋にトリガーポイントを認めたので、「ここに注射すれば痛みが取れるかもしれないよ。どうする?」と本人に聞きました。

 一緒に来たお母さんは「是非打ってください。」と希望しましたが、「無理矢理注射しても効かないから、本人の意思が大事です。」と話して、本人の返事を待ちました。

 しばらく躊躇していましたが、「注射して欲しい。」と希望したので、ネオビタカインでトリガーポイント注射を打ちました。

 

 1週間後、再診しました。

 「痛みがだいぶ取れて、階段も上がれるようになったので、もう一度注射して欲しい。」ということでしたので、喜んでもう一度トリガーポイント注射をしてあげました。

 

 ここからは私の推測です。

 3歳頃の痛みはいわゆる成長痛だったのだと思います。

 ところが、病院に行っても医者は画像診断ばかりして患部に触れないため成長痛と診断できず、原因不明と診断されました。

 原因不明の痛みに本人も家族も不安になります。不安が痛みを増幅し慢性痛になってしまったのでしょう。

 まあ、大学病院で成長痛を診る機会はないからね。仕方ないけどね。

 

 成長痛 http://www.nishibori-seikei.com/blog/2012/10/post-98.html

 

 

Airペイも導入したのでJCBやiDも使えます。

2021.3.05 カテゴリー|その他

 2月下旬にAirペイも導入しました。

 これにより今まで使えなかった。JCBカードやiDなども使えるようになりました。

 下の写真に載っているカードは全部使えます。Apple Payも使えるのでApple Watchで格好良く会計を済ますことも可能です。

 

DSC00153.JPG

 私はコンビニで前の客が財布から細かいお金を数えながら出しているのをみるとイライラして後ろから蹴飛ばしてやりたくなるくらいのキャッシュレス人間です。

 是非ともキャッシュレス決済にご協力ください。

腰痛の原因と対策

2021.2.25 カテゴリー|トリガーポイント注射

 骨折や感染や癌の転移などがなければ、腰痛の原因は腰の周りの筋肉の緊張です。

 筋肉の緊張の原因は、精神的なストレス、疲労、運動不足、タバコ、肥満などです。

 

 精神的ストレスが高まると心が緊張します。心が緊張すると筋肉も緊張します。

 精神的ストレスをなくすことは難しいですね。社会生活を送っていれば多かれ少なかれ精神的ストレスが溜まります。

 ストレス解消のためには、ストレスのない楽しいことをすることです。

 私の場合、ゴルフが最強のストレス解消法です。

 腰痛があるときに「癌じゃないかとか、ヘルニアじゃないかとか」余計な心配をして精神的ストレスを増やしてはいけません。

 逆に「この腰痛は、精神的ストレスのせいだ。上司のせいだ。取引先のせいだ。あいつのせいだ。」と考えれば、精神的ストレスが減って腰痛が少し改善します。

 

 筋肉に疲労物質が溜まると筋肉の血流が悪くなり筋肉が緊張します。

 疲労解消には寝るしかありません。1日8時間以上寝ること、それだけです。

 

 運動不足で筋肉量が減るとその分だけ筋肉に負担がかかるようになり筋肉が緊張しやすくなります。

 運動不足解消には運動をするしかありません。腕立て伏せ10回とスクワット10回を1日交代でやる。これだけでもかなり運動不足を解消できます。継続できればの話ですが・・・

 

 タバコは筋肉の血流を悪くします。

 タバコは体に悪いです。すぐに止めましょう。タバコを吸ってもストレス解消にはなりません。ニコチン切れのイライラが解消される感覚を、ストレスが解消されたように錯覚しているだけです。

 

 肥満は脂肪という余計な荷物を常に運んでいるようなものです。筋肉に負担がかかり腰痛の原因になります。

 とはいえ、痩せるのは簡単じゃないですよね。なるべく炭水化物をとらない(糖質制限)が一番良い方法ですが、続けるのはなかなか大変です。せめてこれ以上太らないように、ちょっとだけ食事に気を使いましょう。

 

 トリガーポイント注射はストレスがあっても疲れていても運動不足でもタバコを吸っていても太っていても効きますから、腰痛で困っているときは受診してくださいね。

Googleレビュー消す消す詐欺

2021.2.16 カテゴリー|その他

 2年くらい前から「Googleレビューでの貴院への低評価の書き込みを、当社の特別な方法で消すことが出来ます。」という営業のメールや電話や手紙が届くようになりました。私はGoogleレビューなんか気にしてないので、これらの営業に対してはお断りしていました。しかし、最近Twitterで同じような営業を受けているクリニックがたくさんあることを知りました。身に覚えのない悪口を書き込まれた後に営業の電話や手紙が来るというのです。

 Googleレビューの低評価を消す方法はあるにはあるのですが、非常に基準が厳しくて手続きも大変みたいです。それを簡単に消せると言うことは自分で悪口を書き込んで、自分で消すというマッチポンプ的方法しかありません。つまり詐欺です。Googleレビュー消す消す詐欺というそうです。

 それを踏まえてGoogleレビューを見直すと身に覚えがない書き込みがいろいろあることに気がつきました。ツッコミを入れつつ紹介したいと思います。

SC20210216-084859.jpg

 私でもレントゲンで骨折に気がつかないことはあるでしょう。でも、この人は当院で骨折を見逃された後、どこで骨折と診断されたのでしょう?他の病院で骨折と診断されたのなら、私に「元々曲がっていた」と言われるはずないですよね。よそで骨折と診断されたあとに、文句を言いに当院を再診したってこと?そんなことされた記憶はないけどね。もしそういうことがあったら、素直に謝りますよ。それこそ訴えらちゃうもの。

 私は元々、レントゲンで骨折が見つからなくても痛がり方や腫れ方で折れている可能性があると思うときは念のためシーネ固定やギプス固定をすることにしているので、こんな事態になるはずないんですけどね。

SC20210216-084924.jpg

 初診でいきなり手術をすすめるケースってなんだろう。ちょっと思いつかないんだよね。私はなるべく手術をしないで注射で治す主義ですからね。感染を起こした粉瘤ならその日に手術をするかどうか聞くこともあるけど、断られても逆上はしないよね。

 絶対に手術が必要な転位の大きな骨折などは手術というか転院をすすめるけど、やっぱり断られても逆上はしないよね。痛みや障害が残っても文句を言わないでねって言うだけ。

SC20210216-085002.jpg

 私はトリガーポイント注射を中心に治療をしているので触診なしはあり得ない。だからこれはまるっきり嘘です。

 

 なんとなくありそうな嘘を書き込んで、金をもらって自分で消すという簡単な手口ですが、独自のウェブサイトも持っていないようなネットリテラシーの低いクリニックは、簡単にだまされてしまうかもしれませんね。

 というわけで、医療機関に対するGoogleレビューはひとつもあてにならないので、医療機関を選ぶときは信頼できる人に直接評判を聞いたほうがいいと思いますよ。

前の5件 1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ