HOME > 院長BLOG

院長BLOG

前の5件 2  3  4  5  6

新型コロナより餅のほうが怖いよ

2020.12.28 カテゴリー|その他

 またツイッターでちょっとだけバズりました。

SC20201228-073032.jpg

 今日、12月28日は餅つきの日です。日本中の農家で餅つきが行われていると思います。

 でも、餅はかなり危険な食べ物なのです。

 餅による窒息死は年間約1,300人です。そのほとんどが1月に集中していて、特に元旦に多いそうです。9割が65歳以上の高齢者です。

 細かいデータは見つかりませんでしたが、少なく見積もっても元旦だけで100人くらいは餅が原因で死んでいると思われます。

 新型コロナの死者数は統計取り始めた2月21日から12月26日の間で3,062人です。1日平均9.9人です。一番多い日でも64人でした。

 正月の3が日の間だけでも、朝のニュースで餅の死者数をコロナの死者数と合わせて報道してほしいものです。

 「本日の餅による死者数は105人、新型コロナによる死者数は32人でした。」

 って言われれば、みんな「コロナより餅のほうが怖いな。というかコロナってそんなに怖くねぇな。」と気づいてくれるでしょう。

 みんながコロナを怖がっているのは、毎日馬鹿みたいに感染者数(本当はPCR検査陽性者数)や死者数を発表しているからです。

 

 今年は帰省をしない家族がたくさんいると思います。

 すると高齢者が1人でお餅を食べることが増えます。

 1人で餅を食べていて餅が喉につまっても誰も助けられません。

 子供や孫に会えないまま、苦しみながら孤独に亡くなることになります。

 本当にそれでいいのでしょうか?

 私は間違っていると思いますけどね。

高齢者が肺炎で亡くなるのはありふれた話です。

2020.12.14 カテゴリー|その他

 生まれて初めてツイッターでバズりました。

SC20201214-083227.jpg

 返信や、引用ツイートもほぼ好意的な内容でした。攻撃的なクソリプを送ってくるコロナ脳は1人もいませんでした。多くの人が現状行われているコロナ対策を何か変だと感じるようになってきたのでしょう。

 

 寝たきりだったり、重度認知症だったりで介護施設に入所している高齢者が、風邪から肺炎になっても通常はそのまま施設で看取りをするか、入院したとしても一般病床に入院させて抗生物質で治療するだけで、重症になっても人工呼吸器につないで延命治療したりはしません。

 それがその人の寿命だからです。

 

 しかし、今は熱があるとPCR検査をしなければいけません。そしてPCR検査で陽性が出てしまうとその熱の原因がコロナウイルスかどうかにかかわらず、コロナ専門の病棟に入院しなければいけません。

 コロナ専用病棟には介護士は入れないので、本来は介護士の仕事である寝たきり患者のおむつの世話や食事介助を防護服で完全防備した看護師が行わなければいけません。

 また病状が回復した高齢者を、元の施設に戻そうとしても施設から断られることがよくあるそうです。施設側も風評被害とかを考えると断らざるをえない事情があります。そうすると行き場のない高齢者がそのままコロナ病棟を占拠することになり、おむつや食事の世話を看護師が続けることになります。そりゃ、病床も看護師さん足りなくなりますよ。

 さらにコロナの死者を1人も出してはいけないという世間からの圧力と治療費が全額国から出るという経営的なメリットがあるため、通常なら人工呼吸器につながないような超高齢者にも人工呼吸器につないで集中治療室で治療することになります。超高齢者は人工呼吸器につないでもほとんど助からないので、本人とっては苦しいだけでなんのメリットもありません。

 PCR検査がなければ、枯れ木が朽ちるように苦しまずに安らかな最後を迎えることができたはずなのに・・・

 

 高齢者が肺炎で亡くなるのはありふれた話です。その原因が、新型コロナでもインフルエンザでも肺炎球菌でも誤嚥性肺炎でも同じことです。新型コロナの扱いを指定感染症2類相当からインフルエンザと同じ5類相当に変更すれば、高齢者が集中治療室を占拠することはなくなります。その分の医療資源を比較的若い人の重症患者に当てるべきです。

 

 菅総理、ご決断を!

 

俺が菅総理だったらコロナ対策はこうやる

2020.11.27 カテゴリー|その他

私がツイッターでフォローしているDr.【内科医】さんがツイートしたコロナ対策が、私的に完璧だと思ったので紹介します。

私が考えるコロナ対策
 
①現在の指定感染症から外して『インフルエンザ』同等の扱いにする
 
②手洗い・マスクは『していない人が攻撃されない』程度に推奨する
 
③感染者数をマスコミで発表しないよう報道規制をかける
 
④熱が出たら休みやすくなるような社会の雰囲気にする
 
 特に①のインフルエンザと同等の扱いにするが重要です。冬になって感染者数が増えてきて医療崩壊すると騒いでおります。たかだか14万人くらいしか感染していない新型コロナウイルスで医療崩壊が起きてしまのは、風邪に毛が生えたくらいのウイルスを指定感染症にして特別扱いしているからです。インフルエンザは毎年1,000万人以上感染しているのにこれまで医療崩壊は起きそうになったことさえありません。新型コロナウイルスを指定感染症から外すだけで、医療崩壊は防げます。
 
 ②について、手洗いやマスクでどのくらい感染拡大を防げるかはまだよくわかっていません。他に方法が思いつかないので推奨しているだけです。それなのに手洗いやマスクをしていない人を非国民扱いして攻撃するのはおかしいです。
 
 ③感染者数というかPCR陽性者数をマスコミで発表すること止めるべきです。そもそもPCR検査は感度が高すぎて疑陽性が多すぎる。そんな不正確なデータを出して国民を脅すのはやめてほしい。
 
 ④も大切ですね。今までは熱があっても仕事や学校に行くのが当たり前でした。私も若い頃に38度も熱があるのに仕事を休まずに手術までしたことがあります。それじゃインフルエンザが流行るのは当たり前です。熱があったら休みましょう。私もこれからは熱があったら休みます。そのときは臨時休診にするので文句を言わないでください。といってもここ15年くらい熱を出した覚えはありませんけどね。
 
 以上、私が菅総理だったらやりたいコロナ対策でした。

もう手術はしてません

2020.11.27 カテゴリー|その他の治療について

 自分で言うのもなんですが、私は手術が得意でした。

 小さい頃から手先が器用で絵も上手で、図工や美術、技術家庭は常に5段階評価で5をもらっていました。(ちなみに体育と音楽は常に2か3でした。)

 恩師である菊地臣一教授に術後カンファランスで「天才だな」と褒められたこともありました。菊地教授が医局員の手術を褒めることは異例のことでした。

 医師になって10年くらい経った頃はドクターXくらい自信満々でした。

 

 そんなもんで、開業してからも外来でできる手術はしていました。

 でもね、開業医のところには病院みたいには手術が必要な患者さんが来ないわけですよ。

 勤務医の頃は毎日手術してましたが、開業してからは2月に1回くらいしか手術しなくなりました。

 最初のうちは大丈夫でしたが、開業5年目くらいに手術勘が鈍っていることを感じるようになりました。

 ゴルフでも何でもたくさんやっている人の方がうまいからね。

 その頃から、腱鞘炎や手根管症候群や骨折の経皮的鋼線固定など、それまで自分でやっていた手術をやらないで、県立中央病院や土浦協同病院に紹介することにしました。

 ずっと通っている患者さんからは私に手術して欲しいと頼まれることがありますが、「俺はもう手術が下手になっちゃったから無理だよ。」と言って断っています。

 

 ちなみに、切り傷の縫合や粉瘤の手術は今でもたくさんやっているので、昔よりうまくなっています。心配ご無用です。

湿潤療法の北関東の守護神です

2020.11.17 カテゴリー|湿潤療法

 4歳の女の子

 お父さんがドーナッツを揚げていた油がはねて顔にヤケドしました。

 近所のクリニックを受診してゲンタシン軟膏を処方されましたが、心配なので2日後に東京の「なついキズとやけどのクリニック」を受診しました。ハイドロコロイドによる治療を受け、当院に紹介状を書いてもらいました。

 受傷から8日後に当院を受診しました。そのときの画像です。

22325a.jpg

 やけどは上皮化していて、ハイドロコロイドによるテープかぶれが起きていたので、キンダベート軟膏を処方しました。

 その旨をメールで夏井先生に報告したところ以下のような返事をいただきました。

ご報告,ありがとうございます。
今後も「湿潤療法の北関東の守護神」としてよろしくお願いします。
 
 1週間後の画像です。
22325b.jpg
 やけどもテープかぶれもきれいになりました。
 後はマスクと日焼け止めで遮光してもらうように指導しました。
 
 「湿潤療法の北関東の守護神」だなんて照れますね。
 キャプテン翼のSGGK(スーパーグレートゴールキーパー)若林源三みたいで超格好いい。
 その名に恥じぬよう精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 

前の5件 2  3  4  5  6

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ