HOME > 院長BLOG

院長BLOG

前の5件 2  3  4  5  6

男が泣いていいのは3回だけ

2018.5.18 カテゴリー|その他

 小さい男の子がケガをして受診して処置しているとき、大泣きしちゃう子もいれば、グッと我慢している子もいます。

 泣いている子には「そんなに泣くな、いいげ・・・」と言ってから

 我慢している子には「泣かなくて偉いなぁ、そうだよ・・・」と言ってから以下のように話しかけます。

 「男が泣いていいのは3回だけだよ。1回は赤ちゃんのとき、もう1回はお母さんが死んだとき、あとは女の子にふられたときだけだ」

 これを言うと、子供はきょとんとしてますが、心配そうにみているお母さんがだいたい笑ってくれるので、現場の雰囲気が良くなり、子供も少し落ち着きます。

 

 ちなみに、このセリフは、私が小さいときにお姉ちゃんとケンカして負けて泣いているときに、お母ちゃんからよく言われていた言葉です。

 でも、女の子にふられたときは泣かなかったなぁ。やけ酒飲んでゲロは吐いたけどね。

ジョギング中に痛くなるのはヘルニアじゃなくて筋肉だよ

2018.5.15 カテゴリー|トリガーポイント注射

 60代の男性

 2年くらい前にジョギング中に右ふくらはぎが攣って痛くなりました。その後右殿部痛も出現し、3カ所くらいの病院を回って原因不明と言われ、某総合病院でMRIを撮り、腰椎椎間板ヘルニアと診断され、ボルタレンSRとオパルモンが処方されましたが、良くならずむしろ痛みは悪化していきました。

 「治すには、入院して手術をするしかないが、切ってみないと良くなるかどうかわからない。」と言われ、ググって1年前に当院を受診しました。

 

 おしりとふくらはぎにトリガーポイントを認めました。

16086.jpg

 「ジョギング中に筋肉を痛めて、それが慢性化しているだけです。椎間板ヘルニアは痛みと関係ありません。」

 と説明して、トリガーポイント注射を打ってトラムセットを処方しました。

 1回目の注射でおしり痛みが改善しました

 2回目の注射でふくらはぎの痛みもだいぶ良くなりました。

 その後も週1回通院してもらっていて順調に良くなっています。

 

 ジョギング中に急にふくらはぎが痛くなったら、普通に考えて痛みの原因は筋肉の痙攣だよね。

 なんで、腰のヘルニアのせいになっちゃうかなぁ。

高齢者用プロテインを発売したら売れんじゃね

2018.5.14 カテゴリー|その他

 最近話題の本

 「死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい」幻冬舎 小林弘幸著

 https://www.amazon.co.jp/dp/B076HNKNPX/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 中身は読んでませんけど、題名だけで大賛成です。

 

 歩けなくなったり、転んだりしてしまうのは下半身の筋力の低下が原因です。

 皆さんもそれがわかっていて、筋力低下の予防のために一生懸命ウォーキングをしていますが、ウォーキングみたいな低負荷の運動より、スクワットのような高負荷の運動(筋力トレーニング)のほうが圧倒的に筋肉がつきます。

 

 ただ、運動だけではなかなか筋肉がつきません。筋肉をつけるには、筋肉の材料である良質なタンパク質が必要です。タンパク質をたくさん含む食品は、肉、卵、チーズです。

 ところが、ほとんどの高齢者は、肉はあまり好きじゃないとか言って野菜ばかり食べています。これじゃ、スクワットしても筋肉がつきません。

 

 スポーツ選手は筋トレをした後、必ずプロテイン飲料を飲みます。プロテインを飲んだほうが肉を食べるよりも効率的にタンパク質を吸収することが出来るからです。

 高齢者も肉を食べるよりプロテインを飲んだほうが筋肉がつきやすいはずです。でも高齢者は、プロテインの存在自体を知らないか、知っていても若い人が飲むのもと思って敬遠しているのでしょうか、プロテインを飲んでいる高齢者をみたことがありません。

 

 タンパク質だけじゃなく、高齢者が不足しがちな栄養素、カルシウム、鉄、亜鉛、ビタミンB6、B12も配合して、高齢者向けプロテイン「死ぬまで歩くにはプロテインだけ飲めばいい」と名付けて発売すれば売れんじゃないかな。

 

 まあでも、スクワットを毎日続けるより、加圧トレーニングに週1回通ったほうが筋肉はつきますよ。

 「死ぬまで歩くには加圧トレーニングをしてプロテインを飲めばいい」

左手のすごいヤケド

2018.5.11 カテゴリー|湿潤療法

 60歳の男性

 天ぷらを揚げていたフライパンをひっくり返して左手に油をかけてしまい受傷しました。

 その日は近くの病院で応急処置を受けて、翌日当院を受診しました。

 初診日の左手 水疱がたくさん出来ていたので、可及的に切除しました。

3581a1.jpg

3581a2.jpg

 そのまま、穴あきポリ袋をかぶせて、ペットシートでくるみました。

3581b3.jpg

3581b4.jpg

 浸出液が多かったので、家でペットシートだけ交換してもらうように指示しました。

 4日後の左手

3581b1.jpg3581b2.jpg

 11日後の左手

3581c1.jpg3581c2.jpg

20日後の左手

3581d1.jpg

3581d2.jpg

 きれいに治りました。

湿布やテープ剤の効果はプラセボ効果

2018.5.10 カテゴリー|トリガーポイント注射

 痛みの治療は、プラセボ効果をいかにうまく使うかにかかっていると思います。

 飲み薬だって、湿布だって、トリガーポイント注射だって、この治療を受ければ良くなるという思い込みがあれば、すごく良く効きます。

 

 特に湿布やテープ剤はプラセボ効果が高いと思うんです。

 一般的には湿布やテープ剤に含まれている痛み止めの成分(モーラステープだったらケトプロフェン)が皮膚から吸収されて効果を発揮すると言われていますが、私は違うんじゃないのと思っています。

 そもそも皮膚は厚い角質で覆われているので、薬剤を吸収するようには出来ていません。痛み止めの成分が角質を通過して皮下脂肪を乗り越え分厚い筋膜を通り抜け、筋肉の中にある痛みの原因トリガーポイントに到達するなどという都合がいいことが本当に起こるとはとても思えないのです。

 湿布やテープ剤はると皮膚にビリビリとした刺激があります。この刺激が脳に伝わることで、その分トリガーポイントの痛みの刺激が脳に伝わることを抑制するんじゃないかと考えています。

 たとえば、蚊に刺されたときに刺された部位を爪で立ててバッテン印をつけると、痒みが少し楽になります。これは痛み刺激が痒み刺激を抑えるためです。これと同じことが湿布やテープ剤を貼ったときにも起きているのではないでしょうか。

 だから湿布やテープ剤はほどよくビリビリしたほうがよく効くのです。

 

 昨日のブログでモーラステープについて書いたら、大学の同級生から「今どきモーラステープなんか処方するからそんなことになる」とコメントをもらいました。

 それはそうなんだけどね。ただね、モーラステープが一番ほどよくビリビリするんだよね。なのでビキニを着る機会がなさそうな腰痛の患者さんには今でも処方してます。

 あと、モーラステープが一番効くと思っている患者さんにはモーラステープが一番効くのよ。だってプラセボ効果だから。

前の5件 2  3  4  5  6

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ