HOME > 院長BLOG

院長BLOG

前の5件 3  4  5  6  7

モーラステープは露出部に貼っちゃダメだよ

2018.5.09 カテゴリー|その他の治療について

 ネット上で、このブログが話題になっています。

 【湿布の副作用で「一生治りません」と診断される】

 https://ameblo.jp/0163533544/entry-12372008709.html

 要約すると、足首の痛みに対して自己判断でモーラステープを貼って、日光過敏性皮膚炎になって、3件目に行った医者に「一生治りません」と言われた。って話です。

 

 私もブログで何度か書いてますが、モーラステープは自己判断で指示された部位以外に貼ったり、たとえ家族でも他人に譲ったりしちゃ絶対ダメだよ。つうか、医師から処方された薬は自己判断で使ったり、他人に譲ったりしちゃ絶対ダメだよ。

 モーラステープは他の人にあげちゃ絶対ダメだよ

 http://www.nishibori-seikei.com/blog/2015/05/post-505.html

 

 私も何例かモーラステープによる日光過敏性皮膚炎を経験してますが、こんなにひどく跡が残った例はありません。

 このブログのケースも、皮膚炎が出た時点ですぐに皮膚科を受診してステロイドを処方してもらえばもっと速やかにきれいに治ったはずです。

 残った跡も、炎症性色素沈着だから数年でほとんど目立たなくなるので「一生治りません」ってことはないよね。

 

 そもそもモーラステープが処方されたときに医師や薬剤師から、露出部に貼らないように注意があったはずです。また袋にもデカデカと注意書きが書いてあります。

 被害者面してブログを書いていますが、医者のせいでもモーラステープのせいでもなく自分の責任だよね。こういう思い込みが強くて人の話を聞かない患者さんは相手をするのが面倒くさいので、3件目のお医者さんは「一生治りません」と突き放した言い方をしたんじゃないかな。あくまで推測ですけどね。

 

 同じモーラステープの記事なのに、専門家の私が書いた記事がちっともバズらないで、素人が書いた記事がバズるのはなぜだろう。「一生なりません」ってキーワードがキャッチーだったのかな?

ゴルフ中にぎっくり腰になった話

2018.5.08 カテゴリー|トリガーポイント注射

 4月21日にカントリークラブザレイクスに行きました。1番ホール、ボギーで上がり、2番ホールもパーパットをわずかに外してOKボギー。「今日はまあまあ調子がいいぞ」と思いながらボールを拾ったときに、腰がグキッときました。

 

 すぐに腰にモーラステープを貼ってトラムセットを飲みました。(これらの薬はゴルフバックに常備しています。)そしたら、クラブを振れるくらいの痛みになったので、そのままゴルフを続けました。

 

 しかし、7番ロングホールのセカンドショットを打とうとカートから立ち上がったときに、痛みがひどくなりました。前屈みになれないので、突っ立ったまま振ったらチョロ、次もチョロ、またまたチョロ。結局11回も打ってしました。

 

 そのまま無理矢理ゴルフを続け、昼休みにいったん家に帰り、妻にトリガーポイント注射を打ってもらいました。そしたら、いくらか良くなってクラブが振れるようになったので、後半もそのままスタートしました。昼休みの間に、座ると腰の筋肉が固まって痛みがひどくなることに気がついたので、後半はカートに乗らず、ずっと歩いて回りました。

 

 まあまあ調子よく回っていたのですが、池越えの16番ショートホールで前の組を待っている間、うっかりカートに座ってしまい、また腰痛が再発してしました。前屈みになれないので、池越えはとても出来そうにありません。ボールを池に入れれば、1打罰でグリーンの近くのドロップエリアから打てます。とにかくボールを池に入れようと打ちましたが、チョロって池の手前までしか転がりません。もう一度打ちましたがまたチョロって池の前。3打目でようやく池に入って、5打目をドロップエリアから打って、何とか7回で上がりました。そんなこんなで、トータルで104回も打ってしまいました。

 

 家に帰ってから、もう一度トリガーポイント注射をしてもらって、翌日の朝もトリガーポイント注射を打ったら、だいぶ良くなってその日の日曜外来はなんとか最後までできました。(私の場合、自家診療で健康保険が使えないから、1日2回トリガーポイント注射をしましたが、健康保険を使う場合は1日1回しかトリガーポイント注射を打てませんよ。)

 

 その次の日には痛みはほとんどなくなって、ぎっくり腰になってから4日後の25日には、再びカントリークラブザレイクスに行って、午後のスループレーをしました。腰をかばって突っ立ってパッティングしていたのでパットがちっとも入らず100叩いちゃいました。

 

 ぎっくり腰になってから1週間後の28日には、スターツ笠間オープンコンペに参加しました。腰も完全に治っていたので89回でした。

 

 同伴者に今回のぎっくり腰の話をしたら「ぎっくり腰をして1週間しか経ってないのに、そんなにフルショットして大丈夫なんですか。」と驚かれました。

 

 トリガーポイント注射をすればぎっくり腰は1~2日で治るんだけどな。みんな知らないんだね。

やっぱりお酒は怖い。飲まないほうがいいね。

2018.4.27 カテゴリー|その他

 TOKIOの山口くんが泥酔して女子高生に無理矢理チューをして強制わいせつで書類送検されました。

 福島県の風評被害の払拭に多大な貢献をしているTOKIOのことを心の底から尊敬していたので、残念でなりません。

 山口くんはお酒が原因で肝臓を壊してしばらく入院していて、退院したその日に泥酔するほどお酒を飲んで、身を滅ぼすような罪を犯しました。

 この経過から察するにアルコール依存症になっている可能性が極めて高いですね。

 無期限活動停止ということなので、きちんと入院してアルコール依存症の治療してもらいたいです。

 

 お酒を飲んでいると、だんだん楽しい気分になってきて、もっと飲みたくなって、そのうち理性をなくします。

 山口くんは46歳だって、私と2歳しか違いません。

 もし私が、酒に酔って理性をなくして、娘の同級生の女子高生に無理矢理チューしたら完全にアウトです。

 今までコツコツと築いてきた仕事も家庭もすべていっぺんに失います。

 

 やっぱりお酒は怖いです。飲まないほうがいいね。

足のグーパー体操のすすめ

2018.4.17 カテゴリー|その他の治療について

 足のグーパー体操とは、下の写真のように足の指をグーパーと動かすだけの体操です。

ぐー.jpg

 

ぱー.jpg

 

 簡単な体操だと思うでしょうが、実際やってみてください。

 うまくできない人がけっこういると思いますよ。

 外反母趾の患者さんや、足首の骨折や捻挫の患者さんにこの足のグーパー体操をやるように指導しますが、ほとんどの人がうまくできません。

 足の指には下の写真のようにMP関節とPIP関節があります。

足の関節.jpg

 皆さん、PIP関節は曲げられますが、MP関節はほとんど曲げられません。

 PIP関節を曲げる筋肉はふくらはぎにもありますが、MP関節を曲げる関節は足の裏と足の甲の骨の間にしかありません。

 

pcj_0411_00005701_102000_small_22082012135153.png

 靴を履いて歩いているとこの足の裏や骨の間の筋肉を使わなくても歩けるので、筋肉が弱くなってしまいます。

 そのために、足の指を深く曲げてグーを握ることができなくなってしまうのです。

 

 この足の裏や骨の間の筋肉が弱くなると、足の形が変形してきて、外反母趾や足底筋膜炎などの足の病気の原因になります。

 また、足の格好が悪くなると膝や股関節や腰にも負担がかかるので、膝や股関節や腰の痛みの原因にもなります。

 毎晩お風呂の中で、足のグーパー体操を10回ずつやってください。

 足の変形を予防できるはずです。

 ポイントはMP関節をできる限り大きく動くように、ちからいっぱいグーを握って、ちからいっぱいパーを開くことです。

 

 足のグーパー体操は超おすすめです。老化や痛みの予防のために是非やってください。

 ちなみに当院でやっている加圧トレーニングでは、下半身の場合、トレーニングの一番最初にこの足のグーパー体操をやります。

 自分では続けられないという方は加圧トレーニングに通ってください。

当院でnanacoとSuicaとEdyとクレカが使えるようになりました。

2018.4.13 カテゴリー|その他

 受付のレジがいしこくなってきたので、新調しました。

 それと同時に、電子マネーとクレジットカードを使えるようにしました。

 電子マネーはnanacoとEdyとSuicaなどの交通系カードが使えます。

 基本料金とか手数料とか余計なコストがかかるけど、医療機関なのに電子マネーが使えるとか、かっこいいでしょ。

 せっかく入れたのだから使って欲しいです。

 小銭を出さなくてすむから早くて便利ですよ。

 ただし、加圧トレーニングの回数券はクレジットカードでは購入できません。

 法律でそういう風に決まっているそうです。

nanako.JPG

 

前の5件 3  4  5  6  7

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ