HOME > 院長BLOG > その他

院長BLOG

1  2  3  4  5

投資家になるしかない

2021.7.20 カテゴリー|その他

 先日、スターツ笠間でいつも一緒にラウンドしているメンバーのホールインワンの祝賀会に出てきました。

 祝賀会といっても15人程度の小規模のものです。

 そこで、元公認会計士で今は介護施設を経営しているメンバーの方からためになるお話を聞きました。

 人間は4階層に別れるそうです。

①労働者・・・人に使われてお金を稼ぐ人たち

②資格業・・・医師、弁護士、公認会計士など資格を持っていて自分でお金を稼ぐ人たち

③社長・・・人を使ってお金を稼ぐ人たち

④投資家・・・お金にお金を稼がせる人たち

 誰でもわかると思いますが労働者よりも資格業や社長や投資家の方がお金をたくさん稼いでいます。

 特に投資家が一番お金を稼いでいます。

 ちなみに私はもう一つ階層があると思っています。

⑤ニート・・・生活保護や年金など人にお金をもらって生きている人たち

 

 スターツ笠間のメンバーはほとんどが社長か医師か投資家です。

 お金に余裕があるのでみなさんいい人ばかりです。

 

 コロナ騒ぎ以前は毎年高校の同級生12人くらいと忘年会をしていました。

 みんな一流企業に勤めていますが労働者です。

 私と漫画家をしている大和田秀樹だけ資格業です。(漫画家という資格はありませんが、自分の能力でお金を稼いでいるので資格業に分類しました。)

 やっぱり労働者より資格業のほうが羽振りがいいです。

 

 自分はお金や高級品に執着がないので、子供たちの教育費と週2回のゴルフ代だけ稼げれば十分と考えていましたが、今回のコロナ騒ぎで考えが変わりました。

 はっきり言って、日本はもう終わりです。

 流行国の100分の1くらいしか死者が出ていないのに、テレビばかり見て人からお金をもらって生きている人たちの世論に引きずられて緊急事態宣言を出して観光業や飲食業を殺しました。

 資源のない日本は観光業で稼ぐ以外生き残る道が無かったのに。

 日本は自殺をしました。

 なので子供たちが路頭に迷わないようになるべく多くのお金を残してあげなければならなくなりました。

 

 自分で稼ぐだけでは限界があるので、勉強をして投資家になってお金にお金を稼がせるしかありません。

 投資家になるしかない!

親の夢を子供に押しつけるのは危険だよ

2021.3.16 カテゴリー|その他

こんな悲しい記事を読みました。

 

医学部受験で9年浪人 〝教育虐待〟の果てに…
母殺害の裁判で浮かび上がった親子の実態

https://this.kiji.is/741154375854899200?c=39546741839462401

 

 この記事を読んで思いだした患者さんがいます。
 私が医者に成り立ての頃、大学病院の整形外科にもう10年近く入院している若い女性の患者さんがいました。最初は腰痛で入院し腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けましたが、痛みが取れずそのまま入院を続けていました。その経過中に、原因不明の右足首の化膿性関節炎が発症し治療しても良くならないため、右下腿部で足を切断しました。切断して感染が落ち着くと、今度は膝関節が化膿性関節炎になり同様の経過で右大腿部で切断。さらにその後、右股関節の化膿性関節炎になり、骨盤の半分を切除しました。
 私が担当したときは、おしりに大きな開放創があり、毎日そこを生理食塩水で洗浄するのが研修医の仕事でした。治療をして感染がおさまってもすぐにまた悪化することを繰り返していました。大学の先生達も原因がわからずただただ対症療法を繰り返すだけでした。
 原因がわかったのは、私が医師になって2年目の時です。いつものように開放創の洗浄をしようとした後輩が創の中からあるはずのない注射針を見つけたのです。そのことがきっかけで、患者さんが自傷行為を密かに繰り返したいた疑いが出て、精神科に紹介することになりました。
 精神科の教授の診断はミュンヒハウゼン症候群でした。
 ミュンヒハウゼン症候群は虚偽性障害に分類される精神疾患の一種で、症例として周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られます。
 精神科の教授の分析によると、患者さんは父親に医者になることを強制された結果、精神を病んでミュンヒハウゼン症候群になってしまったということでした。
 この患者さんはその後、精神科で治療を受けましたが症状が改善せず、5年後くらいに敗血症になって亡くなりました。
 
 
 外来にはいろいろな親子が来ます。中にはスポーツやっている子供本人より、親の方が熱心なケースが見られます。このようなケースを見ると、親が子供に自分の夢を押しつけているのではないか、本当は子供はこのスポーツをやりたくないんじゃないか、上記の患者さんのように心を病んでしまうのではないかと、とても心配になります。
 
 女子プロゴルフの畑岡奈紗選手は、娘の同級生です。お母さんのことはよく知っています。奈紗選手に対して両親からゴルフをやるようにすすめたことは一度もないそうです。本人がプロゴルファーになりたいと希望したため両親がバックアップをしただけだそうです。
 
 私も子供たちに自分の医院を継ぐように言ったことは一度もありません。私は自分の好きで開業医になったので、借金を返し終わって、年取ってやる気が無くなったら閉院するつもりです。
 
 私が親から医者になるように言われたことも一度もありません。小さい頃から勉強が得意だったので、一生食いっぱぐれない資格として医師免許をとっただけです。
 

 子供は親とは別人格で、親の所有物ではないのだから、医者でも、学歴でも、スポーツ選手でも親の夢を子供に押しつけるのは危険だよ。

 そこんところよくわかってない親がたくさんいて本当に心配だよ。

Googleレビュー消す消す詐欺

2021.2.16 カテゴリー|その他

 2年くらい前から「Googleレビューでの貴院への低評価の書き込みを、当社の特別な方法で消すことが出来ます。」という営業のメールや電話や手紙が届くようになりました。私はGoogleレビューなんか気にしてないので、これらの営業に対してはお断りしていました。しかし、最近Twitterで同じような営業を受けているクリニックがたくさんあることを知りました。身に覚えのない悪口を書き込まれた後に営業の電話や手紙が来るというのです。

 Googleレビューの低評価を消す方法はあるにはあるのですが、非常に基準が厳しくて手続きも大変みたいです。それを簡単に消せると言うことは自分で悪口を書き込んで、自分で消すというマッチポンプ的方法しかありません。つまり詐欺です。Googleレビュー消す消す詐欺というそうです。

 それを踏まえてGoogleレビューを見直すと身に覚えがない書き込みがいろいろあることに気がつきました。ツッコミを入れつつ紹介したいと思います。

SC20210216-084859.jpg

 私でもレントゲンで骨折に気がつかないことはあるでしょう。でも、この人は当院で骨折を見逃された後、どこで骨折と診断されたのでしょう?他の病院で骨折と診断されたのなら、私に「元々曲がっていた」と言われるはずないですよね。よそで骨折と診断されたあとに、文句を言いに当院を再診したってこと?そんなことされた記憶はないけどね。もしそういうことがあったら、素直に謝りますよ。それこそ訴えらちゃうもの。

 私は元々、レントゲンで骨折が見つからなくても痛がり方や腫れ方で折れている可能性があると思うときは念のためシーネ固定やギプス固定をすることにしているので、こんな事態になるはずないんですけどね。

SC20210216-084924.jpg

 初診でいきなり手術をすすめるケースってなんだろう。ちょっと思いつかないんだよね。私はなるべく手術をしないで注射で治す主義ですからね。感染を起こした粉瘤ならその日に手術をするかどうか聞くこともあるけど、断られても逆上はしないよね。

 絶対に手術が必要な転位の大きな骨折などは手術というか転院をすすめるけど、やっぱり断られても逆上はしないよね。痛みや障害が残っても文句を言わないでねって言うだけ。

SC20210216-085002.jpg

 私はトリガーポイント注射を中心に治療をしているので触診なしはあり得ない。だからこれはまるっきり嘘です。

 

 なんとなくありそうな嘘を書き込んで、金をもらって自分で消すという簡単な手口ですが、独自のウェブサイトも持っていないようなネットリテラシーの低いクリニックは、簡単にだまされてしまうかもしれませんね。

 というわけで、医療機関に対するGoogleレビューはひとつもあてにならないので、医療機関を選ぶときは信頼できる人に直接評判を聞いたほうがいいと思いますよ。

中学校駅伝大会の中止を求める

2020.11.09 カテゴリー|その他

 中学校2年生の女の子

 1ヶ月前から両すねが痛くて、歩くのもつらくなり当院を受診しました。

 診察の結果、シンスプリントでした。

 話を聞くと、テニス部の練習の他に駅伝大会の練習もしていると言うことでした。

 走りすぎが原因なので2週間は走らないことと、駅伝大会の代表を辞退するように話しました。

 

 毎年この時期に、茨城県中学校駅伝大会が実施されます。

 各中学校から持久走が早い生徒が選ばれて学校を代表して走ります。

 問題は、代表になるのが陸上部の生徒とは限らないことです。

 むしろ、サッカー部とかバスケ部とかテニス部とか他の運動部に所属してる生徒の方が多いです。

 部活動の他に、朝とか昼休みに駅伝の練習をさせられたら、それりゃ壊れますよ。

 

 ちなみにうちの長女も駅伝の選手に選ばれましたが、テニス部も生徒会もやっていて大変だったので、駅伝の練習をサボりまくっていたら、選手をクビになりました。本人は最初から駅伝大会に出たくなかったので喜んでいました。

 うちの長女のように、先生に逆らってまで自分を守れるようなタイプの子供は激レアなので、ほとんどの子は真面目に部活と駅伝の練習を両方一生懸命にやってしまいます。

 そして壊れる。そして好きでやっている方のサッカーやバスケやテニスにまで支障を来すようになる。

 こんなに子供たちに負担をかけてまで、駅伝大会を実施する意味がわかりません。

 

 駅伝大会がやりたいならば、箱根駅伝と同じように駅伝部がある学校だけでやればいいのです。なんで関係ない子供まで巻き込むのよ。

 

 子供たちを守るために、中学校駅伝大会の中止を強く求めます。

小学校の時に誘拐を目撃した話

2020.9.03 カテゴリー|その他

 実は、小学校6年生の時に誘拐現場を目撃したことがあるのです。

 学校の帰り道、当時私は同級生からイジメにあっていたので1人で帰っていました。

 畑と林しかない人気のない道を歩いていると、ずっと先の交差点で自転車に乗った小さな女の子が車に乗った男性から声をかけられていました。

 女の子が自転車で私から見て右側の小道に行くと、車も後をついて行きました。

 なんか怪しいと思ったので、走って後を追いかけると、道が林の中に入ったところで女の子が男に抱きかかえられて大泣きしていました。

 とっさに大声で「誘拐だー!」と叫びました。

 男はビックリしたようで女の子をおいて車で逃げていきました。

 女の子は泣きながら私の方に走ってきたので、しばらく慰めていると偶然すぐに女の子を知っている女性が現れたので、その人に女の子を預けました。

 その女性は私が女の子を泣かしていたと思っていたみたいですが、面倒くさいので言い訳せずにそのまま家に帰りました。

 家に帰った後、当時唯一友達だった永井くんと近所のお菓子屋で遊んでいたら、これまた偶然お巡りさんが誘拐事件の聞き込みをしていたので、「俺、それ見たよ。」と話しました。

 すぐにお巡りさんが3人くらい家に来たので、私はなるべく詳しく見たことを話しました。

 その2日後に犯人が捕まりました。犯人には他にも幼女誘拐未遂の余罪があったそうです。

 事件のことは全国紙にも取り上げられ、また後日、テレビの「ルックルックこんにちわ」の取材を受けて、テレビにも出ました。

 当時はVHSビデオもなかったので私は見ていませんが、テレビを見た人によるとなかなかいい男に写っていたらしいです。

 これはもう警視総監賞は当然もらえると思っていたのですが、なぜか警察からの感謝状をもらったのは被害者の女の子だけで私は何ももらえませんでした。マジで謎です。今でも謎です。別にいいけどね。

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ