HOME > 院長BLOG > その他

院長BLOG

1  2  3  4  5

当院でnanacoとSuicaとEdyとクレカが使えるようになりました。

2018.4.13 カテゴリー|その他

 受付のレジがいしこくなってきたので、新調しました。

 それと同時に、電子マネーとクレジットカードを使えるようにしました。

 電子マネーはnanacoとEdyとSuicaなどの交通系カードが使えます。

 基本料金とか手数料とか余計なコストがかかるけど、医療機関なのに電子マネーが使えるとか、かっこいいでしょ。

 せっかく入れたのだから使って欲しいです。

 小銭を出さなくてすむから早くて便利ですよ。

 ただし、加圧トレーニングの回数券はクレジットカードでは購入できません。

 法律でそういう風に決まっているそうです。

nanako.JPG

 

ゴルフは運動じゃないとか言われるといじやけるよ

2018.4.09 カテゴリー|その他

 けっこう前の話ですが、私の高校の同級生がFACE BOOKに、「血圧が上がり気味で運動再開。ゴルフ練習場で120球打ってきました。」と投稿したら、「それ運動じゃないから」とか「運動とはいわんがな!」とか「ちゃんと運動しなくちゃダメだよ!ジムに行ったら」とかリプ(返信)がついていていました。

 それを読んだ私はちょっといじやけて「ゴルフをやったこともないくせに、なにを言ってやがんだ。」とリプを返そうかとしましたが、あったこともない友達の友達にケンカを売っても仕方がないので我慢しました。

 

 「ゴルフは運動じゃない」とか言っている人はゴルフをしたことないよね。かくゆう私も自分がゴルフを始めるまで、そう思っていました。

 学校の体育の影響で、「運動=走ったり飛んだりすること」ってイメージがあって、走ったり飛んだりしないゴルフは運動じゃないと思っている人がたくさんいるようです。

 でも、実際にゴルフを始めたら、全然そんなことないよね。

 特に打ちっ放し(ゴルフ練習場)は、すごく運動になる。フルショットで120球も打ったら、汗だくだくで足下ふらふらするほど疲れるよ。

 中には練習のやり過ぎで肋骨の疲労骨折を起こす人もいるくらいだから、どっちかというと激しい運動です。

 ラウンドだって、勾配のあるコースを何キロも歩くんだからかなりの運動になります。

 

 走ったり飛んだりしなければ運動じゃないなら、カーリングは運動じゃないの?アーチェリーも運動じゃないの?野球の素振りやティーバッティングは運動じゃないの?そんなことないでしょ。

 松山英樹や畑岡奈紗ちゃんはアスリートじゃないの?そんなことないでしょ。

 

 私はゴルフを楽しいからやっているのであって、運動や健康のためにやっているわけじゃありませんが、「ゴルフは運動じゃない」なんて言われれるといじやけちゃうよね。

腰痛健診なんて意味ないよ

2018.2.14 カテゴリー|その他

 就職する前に「腰痛健診」を義務づけている事業所がけっこうありますが、腰痛健診なんて意味ないよ。

 そもそも痛みは、本人にしかわからないものなので、医者が診て客観的に評価することなど不可能です。

 健診を受ける人は、就職したいのだからもし腰痛があったとしても痛いとは言わないでしょう。

 嘘をつかれてもそれを見破ることはできません。

 たとえ、レントゲンやMRIを撮っても、それで腰痛の有無を評価することはできません。

 画像所見と痛みの強さが相関しないことはとっくに証明されているからです。

 

 腰痛健診は健康保険が使えないので、自己負担になります。

 当院では5,000円です。ちなみにレントゲンを撮ったら10,000円、MRIまで撮ったら50,000円くらいかかるでしょう。意味ないからやらないけどね。

 んで、この腰痛健診の費用を、ほとんどの事業所が本人に負担させています。

 仕事がなくて困っている人に、全く意味がない腰痛健診代を負担させるなんて、ひどすぎます。

 

 腰痛健診なんて意味ないからやめたらいいのにと思ってググったら、厚生労働省が推進しているみたいです。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/youtsuushishin.html

 なんだかなぁ。

 東大を出ている優秀な人たちが、痛みを客観的に評価することは不可能という当たり前のことになんで気がつかないんだろうね。

プロアスリートなのにタバコを吸っている時点でダメじゃね

2018.2.07 カテゴリー|その他

西武 喫煙発覚の19歳今井に厳罰 対外試合出場禁止、ユニ着用も認めず

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000038-spnannex-base

西武は6日、未成年の今井達也投手(19)が喫煙したため厳重注意し、7日から対外試合出場停止処分にしたと発表した。


 今回、今井投手は未成年なのに喫煙したから処分されましたが、そもそもプロアスリートなのに喫煙しているとか馬鹿杉じゃね。

 喫煙が身体能力に及ぼす影響として

 ① 心肺機能の低下

 ② 集中力の低下

 ③ 筋力・瞬発力の低下

 ④ 腰痛などの怪我の発症リスクの上昇

 ⑤ 回復力の低下

 などが上げられます。

 つまり、タバコを吸うと競技能力が低下して、選手生命が短くなります。

 タバコを吸ったことで、今まで積み上げてきた努力も、今後もらえるはずだった何十億という年棒もパーになってしまう可能性が高くなるのです。

 そんなこともわからないのは、いくら何でも馬鹿杉ます。

 

 同じ西武で活躍した清原選手は、巨人軍に移籍してから怪我とパフォーマンスの低下に苦しみました。

 私はその原因のひとつがタバコだと思っています。

 清原選手はそのまま、若い頃の輝きを取り戻すことができずに引退して、ニコチン依存症から最後は薬物依存症になっちゃいました。

 

 今井選手も、ここですぱっと禁煙して長く活躍できる選手になって欲しいです。

 

 というか、高い年棒を払っている選手がタバコのせいで活躍できなかったら球団が大損するんだから、球団で喫煙を禁止するとか、喫煙者とは契約しないとかするべきだと思うよ。

タバコ吸っているのに救急車なんか呼ぶなよ

2018.1.15 カテゴリー|その他

 「タバコ吸っているのに救急車なんか呼ぶなよ」

 なかなか強烈なセリフですよね。

 私が言ったんじゃありません。

 当院に通院中の患者さんが、内科の主治医から言われたセリフです。

 60代の女性で、ヘビースモーカーで、心臓の具合が悪くなったときに内科の先生に言われたそうです。

 「心臓に悪いことがわかっていてタバコを吸っていて急に具合が悪くなっても自己責任だから、みんなの税金で運営している救急車を呼ぶなよ。」

 という意味です。それを聞いてこの女性はすぐに禁煙しました。

 

 数ヶ月前、喫煙者の知人が心血管系の病気で入院して緊急手術を受けました。

 先日久しぶりにあったので、挨拶の後で

 「タバコ止めましたか?」

 と聞きました。そしたら、

 「一昨日から、また吸い始めちゃったよ。ワッハッハ。」

 と笑ったので、あきれた顔で、

 「そりゃダメだ、全然ダメ、自殺と一緒。どうしようもないですね。」

 って言っちゃった。相手は20歳以上年上の議員さんなんだけどね。

 ホントはさらに続けて、

 「タバコ吸っているのに、次に具合が悪くなっても救急車なんか呼ぶなよ」

 って言いたかったけど、自重しました。

 怒らせるとめんどくさいし、そこまで心配してやる義理ないからね。

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ