HOME > 院長BLOG > その他

院長BLOG

1  2  3  4  5

俺にだってプロとしてのプライドがあるからね

2017.11.17 カテゴリー|その他

最近、ムカッときた患者の一言

①腰痛の40代男性

 「先週の月曜日から腰が痛くて、2日間接骨院に通った。今日もかかろうとしたら休みだったから、ここに来た。」だって

 ムカッときて「そんなこと言われたら、すげえモチベーションが下がる。」って言っちゃった。

 「先週から腰痛があって、接骨院にかかったけど良くならないから、ここに来た。」

 って言ってくれれば、「よっしゃ、じゃあ、俺が治してやる!」ってすごくやる気が出るのにね。

 

②捻挫で受診した中学生(バスケ部)

 いつものように3日間シーネ固定をしようとしたら、

 「コーチから固定はしないほうがいいと言われた。」だって。

 ムカッときて「今まで捻挫の治療を1万人以上やっているのに、なんで素人のコーチに指図を受けなきゃいけないんだ!」って言っちゃった。

 1万人はちょっと大げさですね、5千人くらいだと思う。

 シーネ固定して、3日後に受診するように話したけど、来なかった。

 コーチの指示で勝手にシーネ外しちゃったのかもね。

 3日で治る捻挫が、1ヶ月とか半年とかかかるかもしれないけど、仕方ないね自己責任だから。

 

③手首の腱鞘炎の高校生(野球部)

 1ヶ月半前から左手首痛があり、某総合病院で腱鞘炎とTFCC損傷と診断され、痛みが取れるまで安静にするように言われました。

 その3日後に当院を受診。TFCC損傷はなく、腱鞘炎だけだったので、「腱鞘炎だから、注射すればすぐに野球ができるようになるよ。」って説明したら、

 「野球部のトレーナーから注射はしないで手首を固定してもらうように言われたから固定してください。」だって

 ムカッときて「だったらトレーナーに治してもらえ。」って言っちゃった。

 腱鞘炎は固定したって治らないし、TFCC損傷も急性期は1週間くらい固定するけど、1ヶ月半も経っていたら固定しても意味ない。

 かえって、筋肉が弱くなって治りにくくなるよ。

 それだけ、説明して固定はしないといったら、帰っちゃった。

 別にいいけどね。

 

 俺にだってプロとしてのプライドがあるからね。

 そこを傷つけられると、ムカッときちゃうよね。

県立中央病院の林宏先生の講演会がめちゃめちゃ面白かった

2017.11.13 カテゴリー|その他

 

IMG_2150.jpg

 昨日、県立中央病院整形外科部長の林宏先生の講演会を聞いてきました。

 医師会から司会(ノーギャラ)を頼まれたので仕方なく行ったのですが、聞いてみたらめちゃくちゃ面白かった。

 綾小路きみまろの漫談より面白かったよ。お客さんも大爆笑!

 ざっくりまとめると、「骨粗鬆症の薬はほとんど効かないから、予防が大切で、予防のためには糖質制限をして肉食べて筋トレしましょう。」って、お話でした。

 その他にも、「血圧は下げたほうがいいは嘘」「コレステロールは体に悪いは嘘」「低カロリーは低脂肪は体にいいは嘘」「食事はバランス良くとりましょうは嘘」「野菜を食べたほうがいいは嘘」など、今までの常識を覆すお話がどんどん出てきました。

 私も林先生と同意見なのですが、内科の先生からの反発が怖くて、人前でここまでの話はできません。すごいっす。

他人の犬に噛まれたら健康保険は使えません

2017.11.06 カテゴリー|その他

 ひとんちの犬に噛まれたら健康保険は使えません。

 他人の犬に噛まれることは、他人から暴行を受けたときや交通事故で怪我をしたときと同じで第3者行為になるので健康保険の適応外です。

 なので治療費は、犬の飼い主が全額自己負担しなければいけません。

 自分の犬が他人を噛んだのに、治療費も支払わず知らんぷりすることは、交通事故のひき逃げと同じです。

 

 犬の飼い主に支払い能力がないなど、特別な事情がある場合は健康保険が使えることがあります。

 しかし、その場合は健康保険組合に「第3者行為による傷病届」を提出し、その届けが認められないと健康保険は使えません。

 どっちにしろ、最初は健康保険が使えません。

 

 相手が大怪我をしてしまったら、飼い主は莫大な医療費と慰謝料を払わなければいけません。

 犬を飼うにはそれだけのリスクがあるのです。

 

 ちなみに、配達や営業などで訪問先の犬に噛まれた場合は労災です。

 この場合も健康保険は使えません。

 

ヒルドイドクリームの保健適応外に大賛成

2017.11.02 カテゴリー|その他

保湿剤「ヒルドイド」の美容使用が横行 保険適用外とする動きも

http://news.livedoor.com/article/detail/13818695/

医療用保湿剤「ヒルドイド」の美容目的の使用が横行している
化粧品を購入する感覚で病院を訪れ、処方を受ける状況が後を絶たないという
健康保険組合側は「保険適用外とすべきだ」と提言している

 ヒルドイドクリームを健康保険でもらって美容目的で使用しているバカがいっぱいいるから、保健適応外にしようっていう話が出てきました。

 つうか、もともとヒルドイドクリームに美肌効果とかないからね。

 クリームってのは石けんと同じ界面活性剤だから、塗った瞬間はつるつるになるけど、時間とともに肌の水分を吸収して、最終的には肌は余計に乾燥します。

 乾燥するからまたクリームを塗るという悪循環。

 つまり、美容目的でヒルドイドクリームを使っている人は二重の意味でバカ。

 元々こんな有害無益な薬に保健適応があったこと自体が間違いなので、保健適応外にすることには大賛成です。

 

 肌を若く保ちたいなら、まず禁煙。それから日焼けをしないこと、なるべく化粧をしないこと、ワセリン(プロペト)で保湿をすることです。

 

 なんか、ヒルドイドのあおりでワセリンやプロペトも保健適応外にされそうな勢いなんだよね。

 それはちょっと困るけど、そうなったら元々安い薬だから自費で買ってもらうしかないねぇ。

おばあさんのおかげで人類が繁栄した

2017.10.03 カテゴリー|その他

 ヒトでは当たり前の“おばあさん”の存在。しかし、繁殖期が終わってからも(閉経後も)長生きするメスは生物界においては極めてまれであり、進化学的に不思議なこととされてきました。近年登場した「おばあさん仮説」によれば、霊長類でヒトだけにみられるおばあさんは、その経験と知恵で子孫繁栄を助けるためのヒトの「進化上の戦略」だったというのです。
 
 この地球上で、ほとんどの生物のメスは生殖年齢と寿命がほぼ一致していて、生殖の役割を終えると程なく命もまた終わりを告げます。しかし、ヒトの“メス”は子供を生み、閉経した後も長く生き続けます。例えば日本人女性の場合、閉経後も約40年近くの人生があります。
 
 おばあさん仮説とは、「繁殖期が終わった女性が長生きするのはヒトの進化上の戦略で、おばあさんの知恵や子育て援助が、娘や血縁者の繁殖の成功率を上げ、子孫を繁栄させてきた。」とする説です。
 
 人間は体重に比べて脳の割合がとても大きいので、出産時に産みやすいように、体が未熟なうちに体外に出てきます。だから、出生後すぐに立ち上がれるような他の動物と違って、離乳後も世話を必要とします。また、思春期ころに体が完成してもなお、社会生活能力は不十分で、独り立ちまで20年近くの年月がかかります。その間、親だけで育てるのは無理なので、その強力な助っ人として、おばあさんがいるというのです。
 
 実際、ヒトでは毎年でも出産が可能であるのに対し、おばあさんのいないチンパンジーは、離乳まで5年かかるため、5年に1回しか出産できないそうです。
 
 ヒトは本来、共同繁殖なのです。しかし、都市化・核家族化が進んだ現在社会では、共同で行うべき子育ては、ほとんど親だけが担っています。人類が生まれて10数万年の間、人類繁栄のために重要な役割を果たしてきた“おばあさん”を有効に活用できていないのです。その結果、少子化が進むのは当然です。元気で経験豊富なおばあさんたちに、地域の子供たちの子育てを手伝ってもらえるような仕組みづくりが、一番の少子化対策になるのかもしれません。
 
 私も子供たちが小さいころはおじいちゃんやおばあちゃんに随分と面倒をみてもらいました。おかげで、元気にすくすく育っています。
 
 
 

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ