HOME > 院長BLOG > その他

院長BLOG

1  2  3  4  5

右足ブロック????

2019.11.08 カテゴリー|その他

 小学校1年生の男の子

 右足首が時々痛くなるので受診しました。

 お母さん「学校の検診で『右あしブロック』と言われているので心配なんです。」

 「右足ブロック?????」

 聞いたことありません。私がボーっと生きている間に、新しい病態が発見されたのでしょうか?私も学校医をやっているで知らないでは済まされません。ちょっと焦りました。

 「右足ブロックって、聞いたことないんだけど、膝とか足首が引っかかって動かなくなるの?」

 「そういうことはありません。私もよくわからないんです。」

 仕方ないのでグーグル先生に教えてもらうことにしました。

 一番上に出てきたのは、「心電図」の文字、そして「右脚(うきゃく)ブロック」・・・

 「それって、もしかして心電図の話げ?」

 「そうです」

 「それは右脚ブロックといって心電図の波の異常で、右足首の痛みとは全然関係ないよ」

 ホッとしました。

 

 ちなみに、右足首の痛みは成長痛でした。

 1歳下に弟がいるそうなので、「さみしいとか悲しいとか感じたときに、足の筋肉がつって痛くなるんです。痛みを訴えたら、抱きしめてなでなでしてあげてください。」と説明しました。

すぐに治しちゃっても患者さんはいなくならないよ

2019.11.07 カテゴリー|その他

 70代後半の女性

 2ヶ月前から右膝痛が出現しました。近所の病院を受診してレントゲンを撮り軟骨が減っていると言われ、痛み止め内服薬と湿布が処方されました。3週間、薬を飲んでも治らなかったのでMRIを撮ることになり、その結果「手術をしないと治らない。」と医師から言われ怖くなって、知人のKさんの紹介で当院に逃げてきました。

 診察の結果、右膝の内側にトリガーポイントを認めました。筋肉ではなく腱の痛みだっったので、ケナコルト注射を行いました。

 

 1週間後に再診した際に患者さんはこう言いました。

 「おかげですっかり良くなった。こんなにすぐに治しちゃったら患者さんいなくなっちゃうんじゃないの。」

 私はこう答えました。

 「よくなった患者さんが別の患者さんを連れてきてくれるから、大丈夫。」

 「そうだと思って、今日は私も2人連れてきた。」

 「それは、どうもありがとう。」

 

 この患者さんを紹介してくれたKさんはすばらしい人格者で、Kさんの紹介で受診してくれる患者さんも皆さんいい方ばかりです。

 いい人はいい人を紹介してくれるので、客層がどんどん良くなります。

 

 逆に、職員に暴言を吐くような馬鹿をのさばらせていると、馬鹿が馬鹿仲間を連れてくるので客層がどんどん悪くなります。

 なので職員に暴言を吐くような奴は治してやりません。

 

 しかし、痛み止め飲み薬が効かなかっただけで手術を勧めるってどうよ。

 トリガーポイント注射やヒアルロン酸の注射、サインバルタ内服など手術以外の方法を試しからでも遅くないはずです。

 まあ手術の方がお金になるからね。でもそれで患者が逃げちゃったら意味ないよね。

余計な気を使って労災隠しするとかえって会社に迷惑をかけるよ

2019.10.10 カテゴリー|その他

 30代の男性

 以前から腰痛で当院に定期的に通院してトリガーポイント注射を受けていました。

 先月、家で捻挫をしたと当院を受診しました。

 長い付き合いで仕事の内容もよく知っていたので、「本当は仕事中にケガしたんじゃないの?」と何度も確認しましたが、「違います。家です。」と否定しました。

 ひどい捻挫だったのでシーネ固定をして3日後に再診するように説明しました。

 

 翌日、あわてて受診してきました。

 やっぱり本当は仕事中の怪我だったようで、上司に相談したら、「土下座してでも、労災に変更してもらってこい!」と怒られたそうです。

 

 労災隠しは犯罪です。

 労災隠しが発覚した場合には、罰則を課せられます。

 安全衛生法120条第5号では、労働者死傷病報告をせず、もしくは虚偽の報告をしたり出頭しなかった者に対しては、50万円以下の罰金に処する旨規定されています。
 労働基準監督署では、労災隠しが発覚すると、安全衛生法違反容疑で送検し、ほとんどの場合に罰金刑となります。
 さらに労働保険料の増額等の手続きが取られることになります。
 
 
 「会社に迷惑をかけたくない」とか余計な気を使って労災隠しをするとかえって会社にめちゃくちゃ迷惑をかけます。
 
 あと、診療内容を健康保険と労災保険のカルテにわけて入力しなおしたりしなければいけないので医療機関にもすごく迷惑をかけます。
 
 労災隠しはやめましょう。
 
 

俺はショックだよ

2019.9.30 カテゴリー|その他

 60代の女性

 10年前から腰痛で当院に通院していました。9年前からは内科でもらっていた高血圧の薬も処方していました。

 ここ数年は、ごくたまに腰にトリガーポイント注射をするだけで、普段は「調子は悪くない」と言って、高血圧の薬だけもらっていました。

 先日受診した際、左ひざをかばって杖をついてびっこを引いていたので、びっくりしまして、

 「どうしたの?転んだの?」と聞いたら、

 「1カ月前にA病院で、左ひざの手術を受けてきた。」というのです。

 さらにびっくりしました。なぜならこの10年間、この患者さんから膝が痛いという話をただの一度も聞いたことがなかったからです。

 膝をかばって歩いているところも一度も見たことがありません。

 「俺は手術するほど膝が痛いって話聞いたことないんだけど、いつから痛かったの?」と聞いたら、

 「4カ月くらい前かな、それで近所の人に相談したらA病院がいいっていうから手術を受けてきた。」としれっと答えるのです。

 痛みが出てから少なくとも3回は当院を受診しています。しかもなんと、手術の前日も何も言わずに当院を受診しているのです。

 10年以上の付き合いで、信頼関係ができていると思っていた患者さんだったので、私はひどくショックを受けました。

 「普通は、近所の人じゃなくてまず整形外科の主治医に相談するんじゃないの?長いこと医者をやっているけど、こんなひどい侮辱を受けたのは初めてだ。今後、高血圧の薬は内科でもらうようにしてください。」

 と伝えたけど、なんか全然ピンと来てない感じだった。来月もしれっと高血圧の薬をもらいに来る予感がする。

 いろんな人がいるから、むかつくことはよくあるけど、こんなショックを受けることはめったにないよ。

 俺はショックだよ。

 

労災保険は労働者を守るためにあるんだよ

2019.9.10 カテゴリー|その他

 昨日の台風はすごかったですね。

 今日、仕事中に台風にあおられて転倒し、怪我をしたという方が受付に来ました。

 事務長が、「仕事中の怪我は労災だから、労災保険で治療します。健康保険は使えません。」と説明したら、

 「会社に相談してきます。」と言って、いったん出て行きました。

 しばらくして戻ってきて、「仕事中と言っても、職場について仕事を始める前だから労災じゃないからいえ健康保険を使うように言われた。」と言いました。

 事務長が、「家を出て職場に行ってから家に帰る着くまでが労災の範囲だから、立派な労災です。」と説明したら、

 また「会社に相談してきます。」と言って、いったん出て行きました。

 しばらくしてまた戻ってきて「労災は使えないから健康保険でやるように言われた。」と言うのです。

 事務長が「それは、変な会社だ。私が代わりに電話して説明してあげる。」と言ったら、

 「変な会社だから電話しないでください。」と言って、帰っちゃいました。

 

 私は直接見てないけど、手首から手の甲にかけてかなり腫れていたそうです。

 もしかしたら、月状骨周囲脱臼かも?

 だとしたら後遺症が残る可能性もあるよ。

 労災保険を使えば、治療費は無料だし、後遺症が残ればそれに対して補償がもらえます。

 労災保険は労働者を守るためにあるのです。

 仕事中の怪我を労災保険で治療するのは労働者の権利です。

 会社が決めることじゃありません。

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ